• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/12/12(Tue)

旅立ちの時

あの歓喜の瞬間からもう20日も過ぎてしまった。
マスコミの報道でとっくにご存知だとは思うが、今年のドラフト会議で四国アイランドリーグから3名がNPBへの扉をこじ開けた。深沢和帆投手(香川OG)が巨人へ。角中勝也外野手(高知FD)がロッテへ。育成選手として伊藤秀範投手(香川OG)が東京ヤクルトへ入団することになった。
まさに快挙だった。

3/100である。
リーグに在籍する選手100名の中で、今年文字通り夢をつかむことができたのは、たったの3名だ。しかし、この3名がリーグにとってとてつもなく大きな実績を作った。昨年のドラフト会議では一人の指名も無かった。後日行われた育成ドラフト会議で二人がNPBへ進むことができたが、高知FDの藤城和明監督は
「それ自体が奇跡に近い」
と語っている。

高くて大きな壁がそこにはある。

リーグ創設2年目でその壁を乗り越え、扉をこじ開けた3名には心からおめでとうと言いたい。11月21日ドラフト会議運命の一日を彼らがどんな風に過ごしたのかは、週刊ベースボール#55、12月11日号に書いた。チャンスがあれば読んでみて下さい。(すでにバックナンバーですが・・・)

晴れ舞台へと活躍の場所を移す彼らの影では、今季限りで四国を去り、新しい環境でプレーする道を探す者がいる。また、ユニフォームを脱いで次の人生へと歩むことを決めた者もいる。そしてもちろん、もう一度、明日のNPB入りを夢見て来年のドラフトへと希望をつなげる者たちがいる。それぞれの分岐点となるのがこの11月から12月にかけての今の時期である。

すでに今年の全体練習はどのチームも終了しており、グラウンドで選手たちに会うことはほぼなくなっている。各チームごとに地元でのイベント出席などがまだ一部ある様だが、一旦故郷へと戻る者、キャリアサポートで野球以外の仕事に従事する者など様々だ。

先日、おそらく今季四国リーグ関係最後となるであろうイベントに出席してきた。
めでたいイベントである。

IMG_2168-2.jpg
伊藤投手(左)、深沢投手(中央)、芦沢チームアドバイザー(右)

晴れて四国を離れる深沢、伊藤両投手を送る壮行会だ。
香川OG主催として二人が出席する最後のイベントになる。ほぼ身内だけに近いメンバーが集まった、とても明るい雰囲気の中でパーティーは行われた。いつの間にか自分も香川OGの身内として輪の中に入れて戴き大変ありがたかったのだが(オビカさん、ありがと!)、和帆と伊藤クンとゆっくりしゃべることができるのも、本当にもうこれが最後となる。

パーティーも盛り上がってきたところで二人からのプレゼント抽選会があり、自称かなりクジ運の良いオレは、伊藤クン愛用のヒジ用アイシングパッドをゲットした(笑)。

IMG_2171-2.jpg
これでいつでもブルペン入れるな

二人は今週香川の部屋を引き払い、いよいよ東京へと向かう。新しいユニフォームに袖を通し、和帆は〝59〟、伊藤クンは〝105〟の背番号を背中にそれぞれ入団式に出席することになる。
さぁ、旅立ちの時である。

おまけ

2006.12.7. Kazuho.F.
和帆、契約会見(2006.12.7.)
※当blogに掲載している写真の無断使用は禁止します

b_02
↑Push please.
スポンサーサイト
Home | Category : 我、想う |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。