• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/09/30(Sat)

林真輝らしいプレー

愛媛MP 6-6 徳島IS 2006.9.29. 坊っちゃんスタジアム
※9回リーグ規定により引き分け
本塁打 林真輝(愛媛MP)8号ソロ(角野)

1回裏、愛媛MPが四番・林真輝の右犠飛で先制点を奪った。
しかし徳島ISは2回表、愛媛MPの近平省吾を捉え、打者一巡の猛攻で一挙5点を挙げ、大きくリードを奪う。
愛媛MPは着実にその差を埋める。2回裏、一番・小田島一樹が中犠飛。3回裏、徳島ISの二番手、角野雅俊から五番・荒木康一が右犠飛。5回裏、林が右翼スタンドに飛び込む8号ソロ。6回裏、九番・吉田臣希が適時右前安打を放ち、遂に5-5の同点に追い着いた。
7回表、徳島ISは6回からマウンドに登った小山内大和を捕まえる。六番・松原祐樹の右前適時安打、八番・大二郎の中前適時安打で2点を挙げ、再び愛媛MPを突き放した。
7、8回を番場由樹が抑えた後の9回、クローザー小林憲幸がマウンドに登るがこれが誤算となった。一番代打・長崎準平が左前安打、二番・福西太志も四球で出塁し、走者を溜めた後、林が今日4打点目となる2点中前適時安打を放ち、愛媛MPが土壇場で同点に追い着いた。なおも二死二、三塁のチャンスが続くが、六番・梶原有司が右飛に倒れ、逆転にはならなかった。試合は7-7と、9回リーグ規定により引き分けに終わった。


『林真輝らしいプレー』

9回裏、得点は5-7。二死二、三塁のチャンスに打席に立ったのは、今日2安打、2打点の四番・林真輝だった。

一球目を左方向へファールした。このファールで気づいたことがあった。
「初球から行こうと思ったんですけど、変な中途半端なスイングでファールにしてしまった。あれで逆に〝自分のスイングをしっかりしよう〟と思った」

マウンドに立つ小林憲幸のグラブをかすめた強烈なライナーが、中堅手グレアム義季サイモンのところまで飛んで行った。四番としてあっぱれな仕事をやってのけた。

「2球目をコンパクトにして、クレバーなスイングができた。ああいうところに彼の成長の跡が見える」
沖監督も林の成長を評価している。

今日の4打点で打点王争いのトップに立った。四番として、打点への思い入れには強いものがあると言う。実は3回裏、右前安打を放った場面で二塁走者が本塁への突入を諦めてしまっている。
〝還れたんじゃないの?〟という顔をした。
沖監督はそれにも気づいていた。そういう貪欲さもこの2年間の成長の跡なのだ。
「自分が中途半端な当たりだったから」
そう思ってすぐ切り替えた。

今季、ずっと言ってきた言葉は〝結果に囚われない、林真輝らしいプレーをしたい〟である。それができたのが、あの9回裏の中前適時安打だったのだ。

明日はホーム・坊っちゃんスタジアムでの最終戦。松山のファンの前でもう一度見せたいのは〝This is 林真輝〟というプレーである。

b_02
↑Push please.
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。