• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/09/30(Sat)

多田野の意地

徳島IS 4-1 高知FD 2006.9.28. 蔵本運動公園野球場

勝 多田野 1勝0敗
S 小林 2勝2敗11S
敗 高梨 15勝6敗5S

徳島ISの先発は、先頃スポット入団を果たした多田野数人である。メジャーで勝ち星を挙げた右腕の実力に注目が集まった。
しかし先制点を挙げたのは高知FDだった。4回表、六番・古卿大知、七番・杭田考平が連続安打で出塁した後、八番・中村竜央の中越え適時二塁打で1点を奪う。
すぐさま反撃を開始した徳島ISは4回裏、一死満塁のチャンスに七番・大二郎があわやオーバーフェンスかと思わせる大きな中犠飛を放ち同点に。続く八番・永井豪の適時右前安打で逆転に成功した。
徳島ISは5回裏に四番・西村悟の遊ゴロ(記録は失策)で1点を。6回裏には大二郎の適時右前安打でもう1点を追加し、差を3点と拡げた。
多田野は5回以降、高知FD打線に三塁を踏ませない投球を披露する。8回から竹原俊介、9回を小林憲幸がそれぞれ3人で抑え、徳島ISが高知FDとの最終戦を4-1の勝利で飾った。


『多田野の意地』

メジャーを経験している投手だとはいえ、万全か?と言われれば決してそうではない。
今季、多田野数人が投げた最長イニングは4回である。
「4回にちょっとバテがきましたね。高知FDの打者はメジャーの打者にタイプが似ていました。積極的に振ってくるところが」

9月4日の登板を最後に実戦から離れている。今シーズン前半、右ヒザの故障でほとんど投げられなかった。スタミナと、下半身への不安があった。9月22日の入団会見の後、小野監督は多田野の足の細さを気にしている。今日のマウンドも当初は5回までの予定だったのだ。

「5回が終わって『どうだ?』って聞いたら、『まだいけます』って言ったんだ。6回が終わって『フォームで何かありますか?』って聞いてきたから少しアドバイスしたんだよ。すぐ試したかったんだろう。それで7回も投げさせた」

小野監督が指摘したのは〝左ヒザの割れが早いこと〟である。
今年、走り込めていないことも影響している。
「それを言われてすぐ(修正が)できれば天才だからね」

「福永君がしっかりリードしてくれたんで」
ヒーローインタビューでは謙遜気味に捕手のことを称えた。

福永泰也が振り返る。
「メジャーのリードの仕方と、僕がこっちで普段やってるリードがある。で、どっちにしようかな?と思ったんですけど。ま、様子見ながら・・・最後は多田野さんに任せました」

初登板となった24日、鳴門での高知FD戦では直球だけを試して最初の二人に安打された。変化球を混ぜてからは3人を三振に取っている。
「一巡目はストレート中心で。ひと回りするともう危ないと思ったんで・・・」
4回には福永自信、多田野がバテ始めていることに気づいていた。しかし変化球のキレには目を見張るべきものがあった。
「変化球のキレがありすぎてボールになるんです。後半それを見られた。YAMASHINの四球(5回)なんかそう。低目がボールになっちゃうんです。それで『(変化球を)真ん中に集められますか?』って聞いたんです。それでほんとにできるところが凄いですよね」

7回105球を投げ、被安打6。失点1。四死球2。奪三振9。
最後の7回は、一死から一番・YAMASHIN、二番・國信貴裕を連続三振に取り、マウンドを降りた。

「三振は意識してない」
多田野はそう言った。
「最後の三振。あれは意地でしょうね」
福永はそう思っていた。

b_02
↑Push please.
スポンサーサイト
Home | Category : 音楽 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。