• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/09/09(Sat)

たった1点の差

徳島IS 3-4 愛媛MP 2006.9.8. 鳴門総合運動公園野球場

勝 小山内 4勝9敗2S
S 浦川 11勝5敗5S
敗 佐藤 4勝12敗

徳島IS佐藤広樹の立ち上がりを愛媛MP打線が初回から捉えた。先頭の一番・小田島一樹が中前安打で出塁した後、四番・林真輝からの4連打で3点を先制する。
1回裏、愛媛MP先発の小山内大和から先頭の山口寛史が右中間へ二塁打を放ち出塁。四番・西村悟の適時左前安打ですぐさま1点を返した。続く2回裏にも山口の二打席連続となる左中間への2点適時二塁打で同点に追い付いた。
5回表、初回以降立ち直り、好投を見せていた佐藤の足を野手が引っ張る。先頭の九番・広田嘉明が三塁失策で出塁。送りバントで二塁へと進んだ後、二番・吉田臣希の打球を遊撃手が失策し、広田が生還。勝ち越しの1点を奪った。
愛媛MPは継投策に切り替え、7回から木村吉久、宇都宮勝平をマウンドに送る。9回を浦川大輔が3人で締め、1点を守り切った。


『たった1点の差』

最後は明日先発予定の浦川大輔までをマウンドに送り、1点を守り抜いた。
「以前にも何回かやったことがあるんだけど・・・。点差があれば投げさせなかったんだけどね」
沖監督が語った。
「ウチはきちんとバントで送った。向こうは三度失敗している。やるべきことをやらないと、野球は負けるということです」

ポイントとなったのは〝送りバント〟だった。
三度成功させた愛媛MPに対し、徳島ISは3、4、6回と三度失敗している。無死一塁のチャンスが一瞬にして二死走者無しになる拙攻を繰り返してしまった。(6回裏は一塁走者封殺のみ)

簡単なことだ。野球はミスが多い方が負ける。
今季、徳島ISの低迷の原因は打てないことよりも何よりも、ミスの多さにつきる。チャンスを作っておきながらミスによって勝負の流れを掴み損なっている。記録には〝E〟のつかない、しかし勝利する上で大きな足かせとなるミスが続発している。チャンスにバントで送れない。ヒットエンドランが成功しない。走者が飛び出して挟まれる。そんなミスが幾度となく繰り返され、修正されないままでリーグ戦終盤を迎えてしまった。

5回表、愛媛MPは徳島ISの二度の失策から得たチャンスを逃さず、勝ち越しの1点を奪っている。ボールが先行し、決して調子が良いとは言えなかった小山内をなんとか6回まで踏ん張らせた後、その1点を継投で守り切った。7回裏、二死から木村が四球を出したところですぐに宇都宮にスイッチしている。そして9回裏、あえて浦川を使い万全の態勢を取ったことに、沖監督の意地と勝負に対する執念が見える。勝つべき時に勝っておかないと、勝てない。

徳島ISは6回までに五度先頭打者を出しながら、活かせたのは序盤の1、2回のみだった。6回裏には判断ミスで三塁まで進んだ走者を一瞬にして失っている。失策数は愛媛MP〝1〟に対して〝2〟。点差はたった〝1〟である。しかし、勝つために絶対に必要な何かが愛媛MPよりも圧倒的に欠けていた。たった1点という点差以上にもっと大きな差があったような気がしてならない。

b_02
↑Push please.
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 1点とはいえ。。

    トーナメント戦なら負けでそこで終わりですからね。。
    同点になってからしかみられませんでしたが、テンションがまったくあがりませんでした(;^_^A

  • 李選手と小林投手がいきなり相対することになった時はドキドキしましたねぇ!

    二人とも
    「ここで小林かよ!」
    「李さんかよ~・・・」
    と思っていたそうです。

    その後、広田選手が死球を受けましたが大丈夫だったんでしょうか。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。