• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/10/12(Sat)

『勝負のとき』

四国アイランドリーグplus みやざきフェニックス・リーグ 6日目
2013.10.12 LGツインズ 6-0 アイランドリーグ選抜 <生目の杜第2野球場>

2013.10.12 井川博文(高知FD)
先発し、3回無失点の好投を見せた井川博文(高知FD)

IL 000 000 000|0
LG 000 042 00x|6

バッテリー
IL 井川(高知FD)吉川(高知FD)入野(徳島IS)金森(愛媛MP)西川(愛媛MP) ‐ 山城(徳島IS)小野(徳島IS)
LG ベ・ミングァン、チェ・ソンフン、キム・ソンギュ、イ・ソンチェン ‐ チョ・ユンジュン、キム・ジェミン

二塁打
IL 大谷龍(徳島IS)
LG ベク・チャンス、チェ・ヨンジン

本塁打
IL
LG パク・ヨングン(3ラン、5回吉川)

四国アイランドリーグplus選抜、先発メンバー
8 高田(愛媛MP)
7 村上(高知FD)
9 大谷真(徳島IS)
3 大谷龍(徳島IS)
D 河田(高知FD)
5 松嶋(徳島IS)
6 大原(香川OG)
4 生田目(香川OG)
2 山城(徳島IS)

LGツインズ 先発メンバー
6 ファンモク・チスン
5 ベク・チャンス 
7 バク・ヨングン
D チェ・スンジュン
9 シム・ジュエン
3 チェ・ヨンジン
4 キム・ヨングァン
2 チェ・ユンジュン
8 ベ・ビョンオク

 フェニックス・リーグは6日目、ここから第2クールがスタートとなる。アイランドリーグ選抜は生目の杜第2野球場でLGツインズと対戦した。
 アイランドリーグ選抜の先発はこれが初先発となる井川博文(高知FD)。3回を無失点、被安打1、毎回の4奪三振と持ち味を発揮する素晴らしい投球を見せた。
 だが、4回から登板した二番手・吉川岳(高知FD)はボールが先行する苦しいマウンドとなる。二死一、二塁のピンチは無失点で凌いだものの5回裏、先頭の七番・キム・ヨングァンに左前安打を許すと、二死二塁として一番・ファンモク・チスンに適時中前打を浴び先制点を許す。さらに二番・ベク・チャンスにも二塁打を浴び走者を溜めると、三番・パク・ヨングンの打球は左翼フェンスを越える3ランとなり、この回4点を失った。
 反撃したいアイランドリーグ選抜は7回表一死から四番・大谷龍次(徳島IS)の左翼線二塁打などで一死二、三塁のチャンスをつかむ。しかし、後続が倒れ、差を縮めることができない。
 7回裏、金森敬之(愛媛MP)8回裏、西川雅人(愛媛MP)が無失点の好投を見せ、流れを呼び込もうとする。しかし9回表、四番・大谷龍が3本目のヒットを放って出塁するも、あと1本が出ず逆転はならなかった。
 LGツインズが6-0の完封でアイランドリーグ選抜を破り今リーグ2勝目、通算成績を2勝2敗としている。アイランドリーグ選抜は4連敗を喫し、いまだ勝ち星に恵まれていない。



『勝負のとき』

 生目の杜第2野球場のネット裏に、数人のNPB関係者の姿があった。フェニックス・リーグに来て2度目のマウンドで「いいとき」ならこれくらい投げられる、というのを見せつけた。先発した井川博文(25歳、愛媛MP)が素晴らしいアピールを見せている。
 3イニングを投げて無失点、4奪三振、被安打はショートへの内野安打1つ。自身の持ち味を最大限披露した30球だった。
 宮崎入りする前、すでにシーズン後半から口にしていたのは「フェニックスでは中継ぎでアピールしたい」だった。所属する高知FDでは今季、先発を任されている。長いイニングをペース配分して投げるのではなく、短いイニングで思い切って腕を振り、力のあるストレートを評価してほしい。仮に1クール4試合のどこかで先発して5イニングを投げ、あとの3試合は登板しないよりも「1、2イニングを毎試合投げてアピールしたい」そんな風に語っていた。
 島田直也監督が率いる第2クール選抜チームとなり、初戦の先発登板を言い渡されたのは、実は今朝だったという。3イニング限定、継投ありきの、まさに〝先発〟がうまくハマった。先頭打者に2つ外角へのストレートのあと、コースいっぱいのスライダーで見逃し三振に切って獲った。2回裏、五番・シム、六番・チェを二者連続で空振り三振に獲ると、イニングをまたいで七番・キムから三者連続三振を奪っている。すべて外角へのキレのいいスライダーで空振りさせ、今季149奪三振をマークした実力の片りんを見せた。
「今年、先発で一番いいピッチングをしたと思います。全部、右(打者)やったんで、ストレート、ストレート、スライダーの簡単な感じでいいかな? ぐらいの。みんな同じようなスイングしてくれたんで。今日は失投的な失投が全然なかった。みんなアウトローに行って、スラも低くて」
 ネット裏のスカウトが「シーズン通して、これができりゃあね…」と口にしている。それが肯定的な評価につながるのか、否定的な評価につながるのかは分からないが。
 きょうのマウンドでつかんだものは何だったのか。
「おもいっきり投げる。『あぁ、先発もこういう感じで入って行けばいいんやな』っていうのが分かりましたね。先発のときはいつも先を考えながらやるんで。先を考えず、どうせ短いイニングなんで」
 島田監督には「あしたも投げます!」と直訴した。リーグチャンピオンシップへの進出がなくなり、フェニックスでのアピールに照準を合わせて調整してきた。ドラフト本番まであと12日。いま、大事な勝負のときの真っ只中にいる。ここでやらなきゃ、いつやる。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国アイランドリーグplus 2013 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。