FC2ブログ
  • プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2018/10│≫ 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/20(Sat)

2012.10.20. みやざきフェニックス・リーグ 東京ヤクルトスワローズ 4‐8 四国アイランドリーグplus選抜

四国アイランドリーグplus みやざきフェニックス・リーグ 13日目
2012.10.20. 東京ヤクルトスワローズ 4‐8 四国アイランドリーグplus 選抜 <西都原運動公園野球場>

IL 022 210 010|8
YS 100 000 012|4

バッテリー
IL 山中(高知FD)、山口(徳島IS) ‐ 屋宜(高知FD)、宏誓(愛媛MP)
YS ウーゴ、太田、阿部 ‐ 西田、水野

二塁打
IL 松嶋、吉村
YS 山田、武内

本塁打
IL 金城2ラン(3回、ウーゴ)
YS 

四国アイランドリーグplus選抜、先発メンバー
6 村上(高知FD)
4 東(徳島IS)
5 松嶋(徳島IS)
3 ブレット(愛媛MP)
7 金城(愛媛MP)
8 高田(愛媛MP)
D 今中(高知FD)
9 吉村(徳島IS)
2 屋宜(高知FD)

東京ヤクルト、先発メンバー
6 山田
9 上田
D 飯原
3 松井淳
7 雄平
4 荒木
2 西田
8 川上
5 又野

 フェニックス・リーグ第11戦目は東京ヤクルトスワローズとの再戦である。夏の日差しが戻ってきたような西都原運動公園野球場での試合は、ヤクルト・ウーゴ、アイランドリーグ選抜・山中智貴(高知FD)、両先発の投げ合いとなった。
 ヤクルトは初回、一死二塁から三番・飯原の左前安打で1点を先制する。だが2回表、アイランドリーグ選抜は先頭の六番・高田泰輔(愛媛MP)が四球を選ぶと、七番・今中尭大(高知FD)の右前安打、八番・吉村旬平(徳島IS)の死球により無死満塁のチャンスをつかむ。九番・屋宜宣一郎(高知FD)の遊ゴロ併殺打の間に同点に追い着くと、二死三塁から一番・村上祐基(高知FD)の右前テキサス適時打により逆転に成功した。
 3回表、アイランドリーグ選抜は二死一塁から今季本塁打王に輝いた五番・金城雅也(愛媛MP)が左翼スタンドに2ラン本塁打をたたき込む。さらに4回表、七番・今中の中前打、八番・吉村の左翼線二塁打で走者をためると、一死二、三塁からウーゴの暴投により5点目を、一番・村上の右犠飛により6点目を挙げる。アイランドリーグ選抜が6‐1とリードを5点に拡げた。5回表にも二死から六番・高田、七番・今中、八番・吉村の連続安打により1点を追加する。7‐1と6点をリードして前半を終えた。
 7回表、ヤクルトの二番手・太田から五番・金城の打った右前への飛球を右翼手が落下、二塁へと進む。六番・高田の一、二塁間へのゴロを捕った一塁手の送球が、ベースカバーに入った太田への悪送球となる間に二塁走者が生還、8点目を挙げた。
 5回1失点と好投した山中に代わり6回裏からマウンドに登ったアイランドリーグ選抜の二番手・山口直紘(徳島IS)だったが、7回裏、五番・雄平、六番・荒木に連続安打を許す。二死三塁として八番代打・武内は左翼線に痛烈な適時二塁打を放ち、ヤクルトが1点を返した。
 ヤクルトの反撃はさらに続く。8回裏、一番・山田、二番・上田が連続安打を放つと、一死一、二塁から四番・松井淳が三遊間を破り1点を返す。さらに一死満塁として六番・荒木が押し出し死球を受け2点目を追加、リードを4点にまで縮めた。
 9回裏、二死から二番・上田、三番・途中出場の中村の連続安打から二死二、三塁とチャンスを拡げたヤクルトだったが、四番・松井淳が遊飛に倒れ逆転はならなかった。
 アイランドリーグ選抜が8‐4でヤクルトを下し、フェニックス・リーグ11試合目にして初勝利を挙げた。総合成績を1勝8敗2分けとし、順位は16位のまま。ヤクルトは5勝5敗1分けの勝率5割となり、順位を9位としている。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国アイランドリーグplus 2012 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    こんにちは。ご返事ありがとうございました。
    昨日は打線がつながり、ようやく1勝をあげましたね。
    ドラフトまであと4日、選手たちはしっかりアピールできたかなと思います。
    この調子で勝ち星を重ねてほしいですね。

  • No Title

    高田さま、こんにちは。
    待望の初勝利、やってくれましたね。
    打線のつながりも良く、結果的に8得点!
    今シリーズの最多得点で、すっきりしました。
    ただ、この試合を見に行けなかったのが残念です。(笑)
    今年は天気が良くて、全試合できるかもしれないですね。
    残りの7試合も頑張って、一つでも多く勝って欲しいです。

  • Re: No Title

    >ちきちきさん
    第3クールはもったいなかったですね。あと2試合は勝てたゲームだったと思うので。
    いよいよドラフトモードに入りました。さぁ、今年はどうでしょうねぇ?

  • Re: No Title

    >なおなおさん
    ヤクルト戦は先発ウーゴの不安定なところをうまく突けました。
    後半、盛り返されたので危なかったですが。

    今年の宮崎、雨降りませんね!! 6年間の取材でこんなの初めてです。
    休めない分、体力勝負ですね。選手も僕らも。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。