• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/10(Wed)

「60ちょっと、70行かないくらい」

四国アイランドリーグplus みやざきフェニックス・リーグ 大会2日目
2012.10.9. 埼玉西武ライオンズ 3‐3 四国アイランドリーグplus選抜 <南郷スタジアム>

ストレッチしながら談笑する岩根成海(徳島IS)
ストレッチしながら吉田豊彦コーチ(高知FD:右)らと
談笑する岩根成海(徳島IS:左)

IL 001 020 000|3
L 000 003 000|3
※ 9回リーグ規定により引き分け

バッテリー
IL 岩根(徳島IS)、木幡翔(高知FD)、井川(高知FD) - 山城(徳島IS)、屋宜(高知FD)
L 中崎、前川、松下、坂元、田中 - 中田

三塁打
IL 根津(高知FD)
L 

本塁打
L 駒月3ラン(5回、岩根)

四国アイランドリーグplus選抜、先発メンバー
7 村上(高知FD)
6 東(徳島IS)
8 吉村(徳島IS)
D マルティネス(高知FD)
4 松嶋(徳島IS)
3 大谷龍次(徳島IS)
5 曽我(高知FD)
9 根津(高知FD)
2 山城(徳島IS)

埼玉西武、先発メンバー
8 田代
6 林崎
3 岳野
5 荒川
D 星(孝)
4 美沢
9 木村
2 中田
7 駒月


 フェニックス・リーグ2日目、アイランドリーグ選抜はきのうと同じ南郷スタジアムで埼玉西武ライオンズと対戦した。スコアボード上の旗が右翼方向に強くはためく。空はきれいに晴れ渡り、夏の日差しが残るなか試合は行われた。
 3回表一死、西武先発・中﨑から八番・根津和希(22歳、高知FD)が中越え三塁打を放つ。制球を乱した中﨑は連続四死球で走者をためると、二番・東弘明(20歳、徳島IS)にも押し出し四球を与え、アイランドリーグ選抜が1点を先制した。
 5回表のマウンドに登った西武二番手・前川から九番・山城一樹(21歳、徳島IS)、一番・村上祐基(24歳、高知FD)が連続安打を放つ。一死一、二塁として三番・吉村旬平(21歳、徳島IS)の内野ゴロを遊撃手がファンブルする間に1点を追加した。さらに一死一、三塁として四番・マルティネス(25歳、高知FD)の空振りしたボールを捕手が後逸、三塁から村上が還りリードを3点に拡げた。
 4回まで無失点を続けたアイランドリーグ選抜の先発・岩根成海(24歳、徳島IS)だったが、一死から連続安打を許す。一死一、三塁から九番・駒月は初球のスライダーを振り抜き、左翼スタンドへ運ぶ。西武が一気に3点を奪い返し同点に追い着いた。
 だが、岩根は6回以降崩れることなく好投を続ける。イニングをまたいで五番代打・高山、六番・美沢、七番代打・星(秀)を三者三振に獲るなど、追加点を許さなかった。
 9回表、西武五番手・田中から先頭の代打・神谷厚毅(26歳、徳島IS)が中前打を放ち出塁する。二死二塁と一打勝ち越しの場面に一番・村上が一、二塁間を破る右前安打を放つ。一気に本塁生還を狙った神谷だが、右翼手からの好送球の前に本塁でタッチアウトとなり、追加点は挙げられなかった。
 9回裏、8回を三者凡退に抑えた木幡翔(24歳、高知FD)に代わり、井川博文(23歳、高知FD)が力強い投球を披露する。四番・荒川、五番・高山を連続三振に切って獲り、西武最後の攻撃を無失点に退けた。
 9回を終え3‐3のまま、試合はリーグ規定により引き分けに終わった。アイランドリーグ選抜は2試合を終え、成績を1敗1分けとしている。


『「60ちょっと、70行かないくらい」』

 試合後の取材で島田直也監督(徳島IS)が開口一番、岩根成海(24歳、徳島IS)が5回裏に浴びた一発を悔やんだ。
「好投なんですよ。本当にNPB相手に1球の怖さっていうのを勉強して。ホントあの1球だけだから! その一発で同点になっちゃう。ゲッツー獲ろうと思って、あそこに投げようと思って投げてないけど、ああいうところでアウトローに投げないとね」
 打線が3点のリードを築いてくれた直後である。一死から連打を浴びて走者をためたあと、初球のスライダーが高めに浮いた。九番・駒月に両翼100㍍ある南郷スタジアムの左翼スタンドへ3ランをたたき込まれ、同点にされた。
 投手陣が好投を見せ、西武打線を6回以降無安打に封じ込めている。チャンスはむしろアイランドリーグ選抜の方が多かっただけに、結果的に本塁打1本で同点に追い着かれてしまったことが非常に残念なドローゲームとなってしまった。
 7回101球を投げ3失点、被安打5。同点にされたあとも崩れることなく、6回7回にはイニングをまたいで3者連続三振を奪っている。だからこそ、あの一発が悔やまれてならない。
 本塁打については連打のあと、ボールから入って様子を見ても良かった。最初の打席で内角へのスライダーから入り、二飛に打ち取っている。そのイメージがあったから、マスクをかぶる捕手・山城一樹(21歳、徳島IS)が同じ内角へのボールを要求するのにも納得していた。それが高く浮いてしまった。
 反省はさらに多岐に及ぶ。初回、ヒットで先頭打者を出塁させたのはまだいい。だが、2回と4回の先頭打者を四球で歩かせてしまった。ここが今日最大の反省点である。
「あの1球、ホームラン打たれたのもそうなんですけど、先頭フォアボールがやっぱり、スカウトからしたらマイナスっていうのは大川さん(大川学史、元徳島IS)とかにも聞いてたんで」
 徳島ISのエースとして活躍し、昨年のフェニックス・リーグを最後にユニフォームを脱いだ先輩からのアドバイスが耳に残っている。ここがドラフトを前にした最後のアピールの場所だけに、7回3失点の好投以上に大きな反省点となってしまった。
「ストレートは今年一番、最後の高知のとき(9月22日、対高知FD後期12回戦、6回無失点)も良かったと思ったんですけど、今日の方が良かったです。チェンジアップもまぁまぁ良かったと思いますけど、カーブが高めに浮いてボール、ボールってのがあったんで、ファーストストライクが獲れればもっとラクに行けたのに、とは思いますね」
 第1次メンバーが戦う第1クールはたった4試合、第2次メンバーに入るかどうかはまだ発表されておらず、一度の先発マウンドがフェニックス唯一のマウンドになってしまう可能性もないとは言えない。もちろん評価の対象はこの1戦だけではないが。
「う~ん、70点…。先頭フォアボールだったんで60ちょっと、70行かないくらいですかね。その辺を直さないと」
 自己採点は合格ラインギリギリといったところだろうか。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国アイランドリーグplus 2012 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    高田さま、こんにちは。
    試合を見たあとで、こんな詳しいレポートを読ませてもらうと、感慨深く感じます。
    投手は、本当に因果な商売ですね。あの1球で好投が報われないです。
    打者は、勝負どころの1本だけでヒーローになれるから・・・。
    だけど、好投したのは間違いないです。岩根選手には、次回も好投して勝って欲しいです。
    驚いたのは、9回に投げた井川投手。一発のホームランを怖がり緊張する場面で、思い切りよくガンガン投げてきましたね。球のキレも良く、マウンド度胸の良い投手だと思いました。

  • Re: No Title

    >なおなおさん

    岩根投手もよく投げたんですけどね。結果以上に「自分の課題を克服したとは言い難かった」ということだと思います。

    おっしゃる通り、西武戦での井川投手はナイスピッチングでした。
    実は自分のなかには納得が行かなかったことがあったのですが、それについては追々触れて行きたいと思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。