• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/09/26(Mon)

咆哮

2011.9.25. 酒井大介(香川OG)DSC_1641 (2) (1024x680)
力投する酒井大介(香川OG)
PHOTO BY Misato MORI

四国アイランドリーグplus 2011リーグチャンピオンシップ第1戦
2011.9.25. 香川オリーブガイナーズ 5‐0 徳島インディゴソックス <高松・レクザムスタジアム> 観衆1,006人

徳島IS 000 000 000|0
香川OG 200 021 000|5

勝 酒井 1勝0敗
敗 シモン 0勝1敗

バッテリー
徳島IS シモン、河野、藤岡 ‐ 山村
香川OG 酒井、冨田 ‐ 西森

本塁打
徳島IS 
香川OG 

 今年のアイランドリーグを制するのは徳島インディゴソックスか、香川オリーブガイナーズか。25日、年間王者を決める『2011リーグチャンピオンシップ』が開幕し、第1戦が後期優勝チーム・香川OGのホーム、レクザムスタジアムで行われた。
 徳島ISは初回、香川OG先発・酒井大介(24歳)から先頭の一番・松嶋亮太(23歳)が左前安打で出塁する。バントで得点圏に走者を進めたが後続がなく、あと1本が出ない。
 香川OGは1回裏、一番・亀澤恭平(22歳)が遊ゴロ失策で出塁すると、徳島IS先発・シモンのけん制悪送球(記録は一塁手の捕球失策)の間に三塁を陥れる。三番・国本和俊(27歳)の中犠飛で先制すると、さらに二死一塁として五番・島袋翔伍(21歳)が左中間を深く破る適時二塁打を放ち、2点を先制した。
 香川OGは5回裏にも一死一、三塁のチャンスをつかむと、一番・亀澤の中前適時打により1点を追加する。さらに二死満塁として四番・リ・ミョンファン(26歳、韓国)の三ゴロ内野安打が適時打となり、この回2点を追加した。
 回を追うごとに調子を上げる酒井の前に、徳島ISはチャンスを作ることができない。6回表、二番・関口大志(21歳)の右翼線二塁打などで二死一、二塁とするものの、あと1本が出ず、スコアボードに「0」が続く。
 香川OGは6回裏にも九番・甲斐弘樹(20歳)の中前適時打で1点を加え、差を5点に拡げた。8回を無失点で終えた酒井に代わり、最終回のマウンドに登ったクローザー・冨田康祐(23歳)が、たった4球で徳島IS最後の攻撃を封じ込めた。
 香川OGが5‐0の完封で徳島ISを下し、後期優勝の勢いのまま第1戦を勝利した。第2戦は明日26日、同じ高松・レクザムスタジアムで午後6時から行われる。


『咆哮』

 徳島IS打線を気合十分の香川OG先発・酒井大介(24歳)が押しまくる。8回まで無失点、散発5安打に封じ込め、チャンピオンシップ初戦で圧巻の投球を見せた。
「最初に1点獲ってくれたあとに島袋(五番・島袋翔伍(21歳))が2点目を獲ってくれて楽になりました。調子は良くなかったです。ブルペンでもコントロールが高くなって。高目を西森(捕手・西森将司(23歳))が使い出して、しり上がりに良くなりました。(球種は)全部良かったです。真っ直ぐもスライダーも、カーブもフォークも」
 ネット裏の記者室まで聞こえてくる大きな雄叫びを上げて、迫力ある投球を続ける。高目のストレートにつまらされた打球が、何度もフライとなって野手のグラブに収まった。
 徳島IS・斉藤浩行監督に言わせれば「ポイントがズレてるんだよ。だから龍次(四番・大谷龍次(22歳、元ロッテ育成))もいい当たりはしてるけどもう1つ飛ばない。逆に酒井は中2日が良かったのかもね。肩が軽すぎなくて。間が空いて肩が軽すぎると良くないこともあるから」ということになる。
 3日前の22日、後期優勝を争う2強が直接対決でぶつかった天王山、アグリあなんスタジアムでの徳島IS戦ダブルヘッダー第2試合(後期第8戦)に先発している。斉藤監督に「あの試合で負けてチャンピオンシップに切り替えた」と言わせた試合で7回3分の1を投げ、1失点(自責1)と十分な役割を果たした。
 中2日、短期決戦で最も大事な初戦に先発指令が下ったのは、優勝を決めた23日、津での三重スリーアローズ戦終了直後のことだった。
「初めての中2日だったんで、絶対勝ってやろう! と思いました。三重戦が終わったあとに『行くぞ!』って言われて。多少どうなのかな? っていうのはあったんですけど」
 だが、不安は杞憂に終わる。相手のミスを突いた初回の2点と、5回裏に奪った2点で完全にペースをつかむ。マウンドで感じていたのは2年前の記憶だったという。あの悔しい記憶である。
「長崎でチャンピオンシップの第1、3戦に先発したんですよ。あのとき3連敗で高知に負けて。(勝った)高知の雰囲気もこうだったのかな? っていうのはありましたね。初回から向こうが硬いのは解ってましたから」
 09年のリーグチャンピオンシップ、前期優勝の長崎セインツのエースとしてマウンドに登っている。チームとしても、個人としても初となるチャンピオンシップ出場に、本来の力を出せなかった。今の徳島ISもあのときの自分と似た状況にある。初のリーグ王者を賭けた短期決戦の初戦、今季香川OGに対して11勝4敗1分けと圧倒的な成績を残したチームとは思えない硬さが見えた。
「初回に大谷が、ど真ん中のボールをバット折ってショートゴロになったじゃないですか。あれで硬いのが分かりました。あとはやっぱり去年の経験も大きいのかな? と思いますね。土壇場で勝ってきた去年の経験もあるので」
 中2日で先発を任されたプレッシャーに打ち勝つことなど、2年前の大一番での悔しい経験と、香川OGの一員となってから日本一まで駆け上がった経験の前ではさほど難しくもない。さらにもう1つ、後期終盤の一進一退を繰り返した優勝争いを乗り越えてきている。香川OG・西田真二監督はエース・高尾健太(23歳)ではなく、酒井を第1戦に投入した理由をこう語る。
「短期決戦をいろいろ経験してるんでね。やっぱり状態がいい選手を使うんですよ。そこで酒井に勢いがあったんでね。いい状態を続けてくれて、しっかりゲームメイクしてくれた。勝たなきゃいけない後期数試合の勢い、その差ですね」
 後期終盤、好投を続けていた山中達也(22歳、元広島育成)が不慮の事故で登録抹消となり、四番・中村真崇(27歳)も思わぬケガで失った。だが、手負いのガイナーズは強い。昨年前期途中に内野の要、智勝(近藤智勝)と加登脇卓真(24歳、元巨人)をケガで欠きながら厳しい戦いを乗り越え、最終戦で逃げ切った経験もある。
 いまのチームの雰囲気はとても良い状態にあると酒井が言う。
「なんかチームの雰囲気が良すぎて。多分、僕しかわかんないと思うんですけど、グラウンドに立っただけで『オレはやれる!』と思えるんですよね。今日の試合は気持ちだけで。とにかく気持ちだけは出そう! と思っていました。高尾にホント、気持ちよく投げてもらいたかったんで」
 自らを奮い立たせた雄叫びが、ガイナーズに大きな流れを呼び込んだ。ただ熱いだけではない。明日、第2戦の先発マウンドに登る高尾健太にも続くようにと、冷静な祈りも込めながらの咆哮だった。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国アイランドリーグplus 2011 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。