• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/09/04(Fri)

「逆にみんながいたんで」

四国・九州アイランドリーグ2009 後期公式戦
2009.9.1. ダブルヘッダー第1試合 香川オリーブガイナーズ 3-12 福岡レッドワーブラーズ <アークバリアベースボールパーク志度> 観衆185人

福岡RW 000 023 124| 12
香川OG 010 000 002| 3

勝 森辰夫 10勝6敗
敗 上野啓輔 2勝4敗2S

バッテリー
福岡RW 森、渡邊 ‐ 翔、富岡
香川OG 上野、杉尾、加藤 ‐ 西森、チャン

本塁打
福岡RW 大野2号2ラン(5回、上野)、中村8号2ラン(9回、加藤)、瓜野1号2ラン(9回、加藤)

 愛媛マンダリンパイレーツとの3連戦を2勝1敗で乗り切り、福岡レッドワーブラーズが香川・志度に乗り込んだ。香川オリーブガイナーズとデーゲームでのダブルヘッダーを戦う。
 2回裏に味方野手の失策で1点を失った福岡RW先発の森辰夫だったが、ここで崩れることなく3回以降香川OG打線を1安打に封じ込める素晴らしい投球を見せる。
 5回表、九番・大野武洋(22歳)の左翼越え2号2ランで逆転に成功すると、ここから打線に火が点き、毎回得点を奪う15安打の猛攻で大量12点を奪った。
 森は7回を1失点、被安打3の好投でマウンドを後続に譲り10勝目を手にした。12対3で福岡RWがダブルヘッダー第1戦に大勝している。
 この結果、福岡RWが3位に順位を上げると同時に、香川OGは2位から一気に4位へと順位を落とすこととなった。


『「逆にみんながいたんで」』

 どのチームも日程は厳しいのだが、福岡RWにとってのそれは特に厳しいものがある。8月21日からの5連戦を3勝2敗と勝ち越して終えたあと、8月28日から愛媛での3連戦を2勝1敗で乗り切った。だが、今日のダブルヘッダーが終れば、2日空けてまた4日間で5連戦を戦わなくてはならない。しかも厳しいビジターでの試合である。森山良二監督も苦しい胸の内を吐露している。
「森、徳永がある程度5、6回まで投げてくれないと。試合が詰まって来たらキツいですよね」
 ここまで共に9勝を挙げている森辰夫(21歳)、徳永雄哉(24歳)に頼るところはどうしても大きい。首位まで1ゲーム差の4位と、後期優勝争いに残るためにはここで踏ん張らなければならない。昨年も4強で優勝争いを続けるなか、最も早く脱落してしまった苦い経験がある。2位を走る香川OGとの対戦を前に、先発を命じられた森には大きなプレッシャーがあった。
「愛媛で負けてて※、絶対負けられなかった。監督(森山良二監督)からも『お前で負けたらもう優勝ないぞ!』みたいに言われてて」
※8月28日、愛媛MP戦(坊っちゃんスタジアム)で先発し、5失点(自責5)し敗戦投手
 マウンドに登れば、調子は決して良くなかった。2回裏には味方のミスにより先制されている。だが、ここで集中を切らすことなく流れを作った。早いテンポで打者を打ち取りながら、先頭打者に出塁を許さない。3回以降、許したヒットはたったの1本である。5回以降は味方打線が爆発し、大量リードを奪ってくれた。プレッシャーに打ち勝っての10勝目を手にしている。
 昨日、チームは福岡に戻らず愛媛に残り1泊した。急に練習グラウンドが確保できる訳もなく、結果的に完全オフとなっている。登板を明日に控えての完全オフは、必ずしも100%心から休める休日ではなかったはずだ。
 先発投手だからと言って、1人部屋を与えてもらえるような特別扱いもない。他の選手たちと同じ5人部屋で眠りに着いた。
「あぁ。でも、いつものことだし。逆にみんながいたんでリラックスできました」
 図太くないとやっていけない。そんな世界である。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ2009 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。