• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    07 ≪│2017/08│≫ 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/08/02(Sun)

降雨ノーゲーム

四国・九州アイランドリーグ2009 後期公式戦
2009.8.1. 徳島インディゴソックス 降雨ノーゲーム 香川オリーブガイナーズ <オロナミンC球場> 観衆 いっぱい入ったのにね…。

香川OG 1
 徳島IS 4×

バッテリー
香川OG 松居 ‐ 西森
徳島IS 平野 ‐ 荒張

 昨日のダブルヘッダーにおいて、徳島インディゴソックスは香川オリーブガイナーズから逆転サヨナラ勝ちを含む2タテで後期初の連勝を決めている。この結果、香川OGは首位から一気に3位に転落した。3連勝したい徳島ISと、悪い流れをここで断ち切り、この4連戦をタイで終わりたい香川OGとの試合は、時折強い雨が降る曇り空の鳴門・オロナミンC球場で行われた。
 1回表、香川OGの一番・洋輔が、徳島IS先発・平野誠のストレートを左翼スタンドに叩き込む先頭打者本塁打で試合が幕を開ける。1点をもらった香川OGの先発左腕・松居伊貴だったが、一番・山本健士に中前打を許すと、二番・神谷厚毅がバスターエンドランを決め無死一、二塁のピンチを迎える。三番・ハラムを歩かせ満塁とすると、四番・斎藤雅俊の打った二塁へのゴロを二塁手・国本和俊が二塁へ悪送球し二者が生還。逆転を許した。一死二、三塁から六番・チョンの打球は左前に落ちる適時安打となり、三塁からハラムが生還。続く七番・猪澤海が左犠飛を放ち徳島ISが4点目を挙げたところで強い雨が降り出し、試合は14時24分、一時中断となった。
 天候の回復を待ったが回復しそうになく、グラウンドコンディションも使用不可能な状態にまで水が浮き始めため、15時7分、降雨によるノーゲームが宣告された。


監督、選手コメント

香川OG・西田真二監督
「富山とのチャンピオンシップ(08年)を思い出したよ! 守りのミスも出て、切り替える意味でもいいでしょう。ま、『雨降って地固まる』で。向こう、やりたいって言ってた? ウチもやりたかったよ」

4号本塁打が幻の一発となった香川OG・洋輔外野手
「(ホームランは)真ん中でした。一番として自分に求められてるものが笠井(要一)とは違うと思う。無死二塁にするとか。最近、点を獲られるリズムが悪い。松居も(最初の)入り、良くなかったし…」

香川OG先発・松居伊貴
「最近良くないです。(スコアシートを見ながら)(一番・山本)ここは打ち取ったようなもの、(二番・神谷)ここはヒットでしたけど。(三番・ハラムに四球)ここが良くない。追い込んでからだし、最後ストレートが外れて…。身体もキレが悪い。良くないです」

香川OG・国本和俊内野手
「(ショートへの悪送球は)指が引っ掛かって。僕の責任です」

徳島IS・堀江賢治監督
「1点を獲られてもベンチの雰囲気は悪くなかったです。打ち返せる雰囲気が凄いありました。相手のミスを点につなげてきっちり獲ってくれた」
 昨日の連勝の良い流れがあったように感じましたが?
「感じます! 技術面だけじゃなく、アップ1つ見ても違ってきてる。取り組む態度だとか、声が凄く出てます」
 明日は前回敗れた長崎セインツとの対戦になります。
「いい左打者が多い。ウチはこのまま。今日は右バッターを並べたんですけど、荒張とか白川とかいいバッターが多いんで」
 やはりそのなかでも山本健士内野手の好調振りが目立ちます。
「はい、タケシはウチの核弾頭として。やってくれると思います」

徳島IS先発・平野誠投手
「(ホームランは)ちょっと簡単に行きすぎました。やりたかったのはやりたかったですけど、(中断で)時間も空いてたし…」


2009.8.2. 徳島IS 3-3 長崎S <オロナミンC球場>
コラム『「去年の僕なら獲れてない」』は、『THE STADIUM』(http://thestadium.jp/)に掲載されています。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ2009 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。