• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/07/31(Fri)

逆襲のための第1歩

四国・九州アイランドリーグ2009 後期公式戦
2009.7.30. 徳島インディゴソックス 2-9 香川オリーブガイナーズ <蔵本運動公園野球場> 観衆540人

香川OG 211 400 100| 9
 徳島IS 000 110 000| 2

勝 高尾健太 6勝4敗
負 光安祐輝 5勝4敗

バッテリー
香川OG 高尾、橋本 ‐ 西森、恩田
 徳島IS 光安、片山、弦本、キム ‐ 荒張

本塁打
香川OG 智勝4号ソロ(3回、光安)、金井5号2ラン(4回、片山)
 徳島IS 山本3号ソロ(5回、高尾)

 雨で3試合が流れたあとの高知ファイティングドッグス戦は引き分けに終わった。香川オリーブガイナーズにとっては中2日で迎える徳島インディゴソックスとの4連戦最初のゲームである。ここからダブルヘッダーを含む5連戦に臨む。
 初回早々、徳島IS先発・光安祐輝の立ち上がりを捉えた香川OG打線は、四番・智勝の適時中前打で2点を先制すると、3回までに4点を奪う。4回表には二番手・片山正弘から三番・金井雄一郎が左翼越え5号2ランを放つなどさらに4点を追加し、序盤から8点の大量リードを築いた。
 香川OG先発の高尾健太は初回こそ2つの四球でピンチを迎えたものの、これを乗り切るとペースをつかみ、3回を無安打に抑える。4回、5回と1点ずつを失ったが、8回を散発3安打で切り抜ける好投を見せた。最終回をクローザー・橋本亮馬が無得点に抑え、香川OGが9対2で徳島ISを下している。
 香川OGは3連勝で首位をキープ、逆に徳島ISは3連敗となった。


『逆襲のための第1歩』

 香川OGにとってはここから5連戦、徳島ISとはダブルヘッダーを含み4試合を戦う連戦のスタートである。5連戦を戦うのは徳島ISにとっても同じだ。
 連戦に勝利するために最も大事なもの。それは最初に流れをつかんでしまうことに他ならない。その最初の攻防となる初回に、ノーアウトニ、三塁のチャンスを活かし2点を奪った香川OGと、ノーアウト一、二塁のチャンスを活かせず無得点に終った徳島ISとの間で、明暗がはっきりと分かれてしまう形となった。
 香川OGの四番・智勝(近藤智勝、26歳)にとっては、チャンスに強い頼れる三番・金井雄一郎(25歳)の存在が大きいと言う。
「金井がチャンスで打ってくれて、楽に(打席に)立てるんですよね。犠牲フライ打ったりしてくれて。でもあの場面、ポンポンと変化球でやられて…」
 たった3球で光安祐輝(23歳)の変化球の前に空振り三振に切って獲られた。だが、この3球をしっかり見たことで、直後に迎える自身の打席へと繋げている。
「(初球の)入り、ズドン! と来て、基本真っ直ぐ狙いだったんですけど、金井に投げたボールを見てたんで。あの三振に獲ったフォークよりちょっと浮いてた。うまく拾った! って感じでした」
 決して強振せず、フォークボールにバットをうまくちょこんと合わせた「技あり」の打球がセンター前に落ちる。この一打で先制の2点を叩き出した。一、二番がチャンスメイクし、相手野手のミスに乗じてつかんだ大きなチャンスに四番がきっちりと仕事をする。初回の攻撃は香川OGにとって理想的な展開となった。
 初回だけではない。2回に追加点を挙げ、3回にもさらに1点を奪っている。この4点目こそ智勝が放ったレフト場外への大きな4号ソロホームランである。今日3安打、3打点を叩き出し、四番の存在感を見せ付けた。
「場外は多分初めてですね。1打席目いい感じで打てたんで、楽にボックスに立って。肩口からの変化球でした。カーブかな? イメージ通りのが来てくれて。芯で捉えたし、上がった角度が良かったんで、打った瞬間に「行ったな」と思いました」
 立ち上がりのピッチングに不安を抱える先発の高尾健太(21歳)にとっては、3回までに味方打線が奪ってくれた4点のリードが、その後のピッチングをかなり楽にしてくれた。
「最初の方、4回までに点獲ってくれたんで。(自分の)調子が良くないときに打ってくれたのは大きいと思う」
 と語っている。
 この試合で挙げた8点の内、5点を三、四番で叩き出した。序盤から機能したクリーンナップの打撃力がこのゲームの決め手となったことは言うまでもない。だが、当の智勝に言わせれば、決してそれだけではない。
「クニ(八番・国本和俊、25歳)が上がってきたのがデカいですよね! このチームは洋輔(一番・近藤洋輔、27歳)さんとクニが打たないと」
 ここまで打率が1割台に沈んでいた国本がようやく本来の調子を取り戻しつつある。洋輔もレフトフェンス直撃のツーベースヒットを放つなど勢いが出てきた。こうなって来ると、どこからでも得点を奪うことができる。これは心強い。
「先週、雨雨で流れて、試合勘がなくなってました。ウチ、金曜に弱いんですよね。それは(3連戦の)頭に弱いってことだから、頭をしっかり獲れればいい流れで行けますから」
 流れはがっちりとつかんだ。この5連戦の結果次第で後期スタートダッシュに成功できたかどうかが決まる。3連勝で始まった5連戦のスタートは、後期リーグ戦制覇に繋ぐための、逆襲のための第1歩でもある。




※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ2009 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。