• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/06/06(Tue)

青春真っ只中

7月に発売される月刊ヨンスポの特別増刊号『甲子園を目指した日々2006』の取材で、徳島県内の各高校の野球部にお邪魔している。かつてオレも彼らと同じ場所に間違いなくいたはずなのだが、とうに彼らの倍の時間を生きてしまったのだと思うと、時の流れとはなんとはかないものか。

金曜から月曜までは高校総体の撮影で県内各地の競技会場を走り回った。
卓球、ライフル射撃、ハンドボール、テニス、サッカー、ウェイトリフティング(終わってたが・・・)、弓道、なぎなた、バレーボール、体操、バスケットボール、and 陸上。4日間で以上の12競技を取材してきた。

They have 平成 power.
青春真っ只中。

「なんの取材ですかぁ~?」
「きゃぁ~撮ってくださぁい!」
「絶対載せてくださいねぇ~!」

カメラを向けると笑顔でVサインを作るテンションの高さが実に可愛い。
そりゃ低いヤツはやっぱり低いのだが。

最終日の締めは陸上競技だった。
最終競技のリレーが終わったらみんなもう泣く泣く。やり尽くした満足感か。それとも結果が残せなかった後悔の念か。選手だけじゃなく、マネージャーまでがオイオイ泣いている。

悪くない。
こういうのも。

2006年の高校生のド真剣な汗と涙を見ながら、彼らから力をもらう。
大人になってしまう前の。社会に溶け込んでしまう前の。彼らのイノセントな情熱に触れて、すっかりいいお兄さんになってしまったこっちは少しのぼせた。初夏の暑い日差しのせいだけじゃないと思う。

あれ?寝不足か?

b_02

スポンサーサイト
Home | Category : 我、想う |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。