• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/06/12(Fri)

険しく、厳しい道

四国・九州アイランドリーグ2009 前期公式戦
2009.6.6. 愛媛マンダリンパイレーツ 4‐4 長崎セインツ <坊っちゃんスタジアム> 観衆988人

 長崎S 000 100 102| 4
愛媛MP 000 003 001| 4
※ 9回リーグ規定により引き分け

バッテリー
 長崎S 酒井、上村 ‐ 吉川
愛媛MP 能登原、入野、浦川 ‐ 梶原

 首位・長崎セインツが3位・愛媛マンダリンパイレーツとのビジターゲーム3連戦を戦っている。初戦を落とし、長崎Sの連勝は「4」でストップした。前期優勝のためにこれ以上は1戦も落としたくない。
 4回表に先制点を挙げるが、6回裏、愛媛MPの三番・長崎準平に逆転打を浴び、逆に2点をリードされる。しかし7回表、九番・吉川公史郎の適時中前打で1点差に追い上げると、9回表にも吉川の左中間越え2点適時三塁打で逆転に成功した。
 8回を投げた先発の酒井大介に代わり、最終回のマウンドに登ったクローザー・上村聡一が連打を許し4対4の同点に。なおも一死満塁のピンチを迎えたが、三番手・石田大樹が打者2人を打ち取り、試合は9回リーグ規定により引き分けとなった。
 2位・香川オリーブガイナーズが勝利したため、愛媛MPは長崎Sとの差を4.5ゲーム差に拡げ、長崎Sは香川OGとの差を2ゲームに縮めている。


『険しく、厳しい道』

 9回裏に同点に追い着かれ、さらに長崎Sのピンチが続く。ワンアウト満塁と絶対絶命の場面を迎えたが、愛媛MPの打者2人が凡退に倒れ、試合は引き分けとなった。もし負けていれば昨日に続く連敗となっていたところだった。負けなかったという結果は、混沌とする前期優勝争いのなかで大きい。だが9回表に2点を奪い、1点のリードを守り切ることができなかった。これはあまりにも痛い。
 マスクを被っただけでなく、逆転打となる左中間越え2点タイムリースリーベースヒットを放つなど、今日3打点を記録したのは吉川公史郎(24歳)である。自分が打のヒーローになったことよりも、なんとか連敗せずに終えられたことの安堵感と、大きな疲労感が表情にありありと見えていた。
 序盤、ノーアウトのランナーを出しながら、なかなか得点に結び付かなかった。4回裏に1点を奪い前半をリードして終えたが、6回裏、ランナーを溜めたあとの長打にエラーが重なり3点を奪われている。
「打たれてエラーからの失点ですから…。あそこくらいから酒井(先発・酒井大介、22歳)のボールが浮き出して、前半雰囲気悪くて」
 7回、9回と自分のバットで取り返し逆転したが、9回裏の守備に就いたとき、チームにこれまでにはなかった嫌な空気が漂っていることに気付いた。
「今まで勝ち続けて、点差のついた状態が多かったんですけど、今日なんか勝ってても1点差しかない状態じゃないですか。追い詰められてる感じがあって。優勝が見えてしまってから、『優勝しないといけない!』に変わって来てるんです」
 これまで打ち勝った試合が多く、大量リードのなか1点の失点はさほど大きな痛手にもならなかった。「1点くらいいいや!」と思えるほどの余裕があった。しかし、今日のような接戦となると、リードがリードでなくなってしまう。1点を守るために必要以上に身体を強張らせ、普段のプレーができなくなっていた。初めての優勝が見え始めたことで、これまでにはなかったプレッシャーが確実に顔を見せ始めている。
 残り試合数はこれで「9」となった。2位・香川オリーブガイナーズとのゲーム差は「2.0」まで縮まっている。今週の首位キープは確定した。だが、予断は許されない。
「観てる方もやってる方も、1試合でひっくり返ったりひっくり返される! みたいな方が面白いじゃないですか。何ゲームも開いてるよりも。でも…」
 初めての栄冠へ向かう道は、決して平坦な道ではない。1歩ずつ崖を登るような、険しく、厳しい道なのだろう。「追い掛けられている」という不安もある。「逃げ切らねばならない!」という重圧もある。
「正直、しんどいっス…」
 心の底からの素直な気持ちなのだろう。そう言ったあとの表情には、ほんの少しの余裕さえ感じられなかった。


2009.6.7. 愛媛MP 3-6 長崎S <西予市営野村球場>
コラム『いつものバッティング』は、『THE STADIUM』(http://thestadium.jp/)に掲載されています。



※ 当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ2009 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。