• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    08 ≪│2017/09│≫ 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/05/16(Sat)

サーパススタジアムでの借り

四国・九州アイランドリーグ2009 前期公式戦
2009.5.16. 愛媛マンダリンパイレーツ 6‐1 香川オリーブガイナーズ <今治市営球場> 観衆794人

香川OG 000 001 000| 1
愛媛MP 012 002 10×| 6

勝 川西祐太郎 4勝0敗
敗 金子圭太 2勝1敗

バッテリー
香川OG 金子、杉尾、久代、加藤 ‐ チャン、西森
愛媛MP 川西、入野、浦川 ‐ 松原

本塁打
愛媛MP 松原1号ソロ(6回、久代)

 ホーム・今治で昨日の負けを取り戻したい愛媛マンダリンパイレーツは、序盤に香川オリーブガイナーズ先発・金子圭太を攻略し3点のリードを奪う。6回を1失点で乗り切った先発・川西祐太郎の好投に打線が応え、6回裏に2点、7回裏にもさらに1点を加えた。愛媛MP投手陣は終盤も5点のリードを守り抜き、地元ファンに香川OGからの今季2勝目をプレゼントした。川西はハーラーダービートップに並ぶ無敗での4勝目を手にしている。高知ファイティングドッグスが敗れたため、愛媛MPが3位に浮上。2位香川OGに再び1ゲーム差と迫っている。


『サーパススタジアムでの借り』

 4回と3分の0を投げ6失点、被安打6には2本のホームランが含まれている。負けこそ付かなかったものの、本人の言葉を借りれば香川OG打線に「スコスコにやられた」惨憺たるマウンドだった。川西祐太郎(愛媛MP、21歳)にとって、今季香川OGとの緒戦となった4月10日、サーパススタジアムでの記憶は苦々しいものとして残っている。あのとき以来の香川OG戦先発である。絶対に同じテツは踏みたくない。
 バッテリーを組んだ松原準(25歳)は、川西をリードする上で2つのポイントを意識していた。1つは香川OG打線に対し、強気でインコースを攻めること。そしてもう1つは、打たれても良しとすることである。
「ワンヒットならOKだと。打たれても。イニング初めは特に集中して、打たれたら打たれたで、そこから考えようと思ってました」
 それに対し川西も、しっかり自分のペースを守ることを心掛けている。
「あんまり『今日はこうしよう』とか考えないんですけど、目の前のバッターをとにかく抑える。それを積み重ねて行って7、8、9回まで投げられればいいなぁと思ってました」
 毎回ヒットでランナーは出すのだが、バックがうまく守ってくれた。2回表、無死一塁のピンチを4-6-3の併殺で乗り切った。4回表の無死一塁は、松原が盗塁を刺してくれた。5回表、3度目の無死一塁は自ら後続を打ち取り、事なきを得ている。前半を無得点で切り抜けただけでなく、無四球でテンポ良く終えた。
 川西にとっての最大のヤマは6回表である。3点のリードがあるものの、二死一、二塁のピンチに四番・洋輔(近藤洋輔、27歳)にタイムリーヒットを浴び2点差に詰め寄られた。洋輔に二盗を許し、さらに二死二、三塁とピンチが続く。打席に迎えているのは今日2安打を喰らっている五番・荒木康一(23歳)である。ここで慌てず、最も自信のある球を投げた。
「香川には去年チェンジアップをたくさん見せてたんで、逆に真っ直ぐで押そうと思ってました。荒木さんには打たれとったんで、思い切ってチェンジアップで」
 外角低目に決まったチェンジアップに荒木のバットが空を切る。6回を投げ終わったところでマウンドを後続へと託している。
「最低でもあと1イニングは投げたかった」
 と話したが、サーパススタジアムでの借りは完全に返すことができた。
 松原も3人の投手をうまくリードし、この試合を乗り切った。今季11回目の先発マスク、5月に入ってからは10試合中9試合でスタメンマスクを被っている。キャッチャーとしての安定感も徐々に見え始めてきた。
 1点を奪われたあとの6回裏、レフトスタンドへライナーで飛び込む1号ソロ本塁打を放ち、自らのバットで悪い流れをバッサリ断ち切っている。
「追い込まれてから牽制で刺されたんで、(一塁ランナー梶原有司が牽制死)気持ち切れそうになったんですけど。粘って2-3まで行けたんで、『勝負球は真っ直ぐだ』と。内よりのボールでした」
 やはりキャッチャーとして、しっかり守りで貢献したい。基本的にバッティングのことはあまり意識していないと言う。守備でのリズムの良さがうまく打席にもつながっている。
 お立ち台を呼び込んだ1発に、
「たまにはこういう日も…」
 と、はにかんでいた。


2009.5.17. 愛媛MP 1-5 香川OG <上島町いきなスポレク公園野球場>
コラム『普段とは雰囲気の違う試合』は、『THE STADIUM』(http://thestadium.jp/)に掲載されています。




※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ2009 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。