• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/04/27(Mon)

流の姿勢

四国・九州アイランドリーグ2009 前期公式戦
2009.4.24. 高知ファイティングドッグス 6‐6 愛媛マンダリンパイレーツ <春野球場> 観衆203人

愛媛MP 004 000 101| 6
高知FD 100 002 210| 6
※ 9回リーグ規定により引き分け

バッテリー
愛媛MP 浦川、川西、能登原 ‐ 梶原
高知FD 野原、山隈 ‐ 飯田

 春野球場に愛媛マンダリンパイレーツを迎える3連戦の初戦、高知ファイティングドッグスは初回に先制しながら3回に4点を失い3点を追う展開となる。6回裏、七番・流大輔の2点適時打となる遊内野安打で1点差に追い上げると、8回裏に左前テキサス安打で出塁した流が逆転のホームを踏んだ。しかし愛媛MPも粘りを見せ、9回裏二番・長崎準平の左翼越え二塁打で同点に追い付くと、試合はリーグ規定により6対6の引き分けとなった。


『流の姿勢』

 前半5回を終って高知FDのビハインドは3点である。だが、打率3割(4月24日開始時)に乗っている打者がスタメン9名中6名いる。シーズン開始前、オープン戦で各チームとの戦力差を分析している頃から、定岡智秋監督は自軍の打線に大きな自信を持っていた。
「去年は5点とか獲られたらシュンとしとったけど、今年はわからんからね。打線がいいから4、5点空いててもチャンスがある」
 その自信は選手たちも変わらない。七番・セカンドで出場した流大輔(20歳)も、
「(4失点した)3回の時点では、後半チャンスあると思いました」
 と話す。だがその強力打線のなかで、唯一打率1割台に低迷しているのが他ならぬ流だった。
 調子はそれほど悪い訳ではない。しかし、ここまで5試合でノーヒットと結果に結び付いていなかった。平日の練習が終了したあと、毎日のように東部球場へ出向き、自費で室内練習場を借りての特打を行っている。
「1、2時間とかですかね。練習終わって7時から8時とか、7時から9時とか。そんなに値段も高くないんですよ」
 試合が終わってもなかなかグラウンドから去らない。「守備がイマイチ納得いかない」と言っては、独りで壁にボールを当て捕球動作の確認をしている。そんな選手である。
「今日は『初球から振るぞ!』と思ってました。YAMASHINさん(山本伸一、26歳)が打撃の師匠で、『消極的なバッティングすな!』って言われてて。いつも見てくれてるんです。YAMASHINさんって、攻めながら積極的に振って行って、フォアボールをもぎ取るじゃないですか。これですよ! 今まで待ちの姿勢でしたから」
 6歳年上のリードオフマンは06年打率2位、2度のベストナイン、盗塁王に輝いた巧打者である。同じ左打者、同じ足を活かせるタイプの打者として見習うべき部分が多くある。だがYAMASIN自身、年下の選手に自ら積極的に教えようとするタイプの選手ではない。聞きに来れば初めて親身になって応える。そんなタイプだ。
「聞かれたら言うし、言ったらこっちも言いっぱなしじゃダメやから見なくちゃいけないじゃないですか。だから見るし」
 YAMASHINがそう話す。自分の殻を破るために貪欲に先輩から教えを請う。そこに流の姿勢が垣間見える。
 5回裏の第2打席でピッチャーの左横を抜くセンター前ヒット、6回裏には2点タイムリーヒットとなるショートへの内野安打を放った。8回裏、先頭バッターとしてレフト前へのテキサスヒットで出塁し、逆転のホームを踏んだ。今日3安打の固め打ちで打率を大きく上げている。
「当たりはどれもあんまり良くなかったですけどね」
 と照れて笑う流に、YAMASHINは何か言ってた? と聞いた。
「左に打とうって意識があるから、ちゃんと体重が後ろに残ってポテンヒットにもなるんだよって、言われました」
 3安打はすべてセンターから左方向へ飛んで行った。素直なところも流の良さである。


2009.4.26. 高知FD 10-4 愛媛MP <春野球場>
コラム『見えたら振る!』は、『THE STADIUM』(http://thestadium.jp/)に掲載されています。




※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ2009 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 定岡智秋 Wiki

    野球:伊良部「トップ目指したい」 独立リーグ・高知入団 ‎21 時間前‎定岡智秋監督は「先発でやってもらう。伊良部の活躍でリーグ全体が盛り上がってくれることも期待している。投げれば全部勝ってほしい」と語った。 伊良部はこの日から練習?... ...

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。