• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    08 ≪│2017/09│≫ 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/11(Sat)

「4試合目に…」

四国・九州アイランドリーグ 2008 フェニックス・リーグ 第4戦
2008.10.11. 東京ヤクルトスワローズ 3-7 四国・九州アイランドリーグ代表 <アイビースタジアム>

IL 301 001 101| 7
YS 300 000 000| 3

本塁打
IL 真輝1号2ラン(1回橋本)

バッテリー
IL 塚本、篠原、西川徹、松尾、西川雅 ‐ 堂上
YS 橋本、岡本、佐藤、西崎 ‐ 水野、小山田

四国・九州ILスターティングメンバー
二 智勝(香川OG)
左 生山(香川OG)
捕 堂上(香川OG)
一 丈武(香川OG)
中 真輝(高知FD)
D 金井(香川OG)
三 檜垣(愛媛MP)
右 洋輔(香川OG)
遊 國信(福岡RW)

第2クールから指揮を取るのは西田監督(香川OG)である。スターティングメンバーには香川OGからズラリと7人を揃えた。
1回表、四国・九州ILの打線が火を吹く。ヤクルト先発の橋本から二番・生山裕人(香川OG)が右翼手の頭上を越える三塁打。続く三番・堂上隼人(香川OG)が初球を左中間に運ぶ二塁打で先制点を挙げる。さらに今大会6打点と絶好調の五番・真輝(高知FD)が2球目を右翼スタンドに運ぶ2ラン。初回に一挙3点を挙げた。
しかし四国・九州IL先発の塚本浩二(香川OG)はこのリードを守り切れない。1回裏、先頭の一番・上田に中前打を許すと、三番・衣川の打球は右翼線に落ちるテキサス安打となり上田が生還。五番・中尾の投ゴロ併殺崩れの間にさらに1点。七番・上原が右前へ適時打を放ち同点に。ヤクルトが4本のヒットですぐさま同点に追い着いた。
3回表、今大会初安打となる中前打で出塁した四番・丈武(香川OG)が二盗を試みる。捕手・水野の二塁送球が悪送球となり、四国・九州ILが二死三塁のチャンスをつかんだ。五番・真輝は3球目を右中間フェンスにワンバウンドで当たる適時二塁打を放ち丈武が生還。勝ち越し点を奪った。
3回を投げた塚本に代わり、4回裏から四国・九州ILのマウンドには篠原慎平(愛媛MP)が登る。5回裏、一死一、二塁のピンチも三ゴロ併殺打に切って獲り、2イニングを無失点で終えた。
6回表、この回からヤクルトのバッテリーは、左腕・岡本‐小山田(高知FD→ヤクルト)に代わる。盗塁を成功させた六番代走・陽耀華を二塁に置き、八番・洋輔(香川OG)の左前適時打で陽が生還。四国・九州ILが5点目を挙げヤクルトをさらに突き放す。7回表には中前打で出塁した一番代打・大島慎伍(愛媛MP)を二番・生山がバントで送り、四番・丈武が三遊間を破る適時安打。6点目を奪った。
四国・九州ILの三番手・西川徹哉(高知FD)が6、7回を3人ずつで抑えると、8回裏も松尾晃雅(香川OG)が危なげなく抑える。
9回表、死球で出塁した九番・國信貴裕(福岡RW)が二盗を決める。一番・大島の打った一、二塁間へのゴロを二塁手が一塁へ送球する間に國信が一気に本塁を狙う。これが功を奏し、四国・九州ILが無安打でダメ押しの7点目を奪った。
9回裏、ヤクルト最後の攻撃に四国・九州ILはクローザー・西川雅人(愛媛MP)をマウンドに送る。先頭の八番・大塚を三塁失策で出塁させたものの、九番・小山田、一番・上田を連続三振に。最後の打者、二番・三輪(香川OG→ヤクルト)を遊ゴロに打ち取り、四国・九州ILが東京ヤクルトを7対3で下した。
四国・九州ILはフェニックス・リーグ2勝目を挙げ、今大会の成績を2勝1敗1分けとした。


『「…4試合目に」』

試合開始3時間前、各自でのウォーミングアップが始まった頃、丈武(香川OG)がこちらに声を掛けてきた。
「記録作るかもわかりませんよ! 1本も外野に飛ばない…」
第1クールの3試合を終え、11打席ヒットが出ていない。ヒットどころか丈武の言う通り、外野へ飛んだ打球さえ1本も無いありさまだった。

第2クール最初のゲームである。西田監督、加藤博人コーチが代表チームに合流し、チームメイトも4人増えた。もう切り替えはしっかりとできている。自虐的なセリフとは裏腹に、それは柔らかい表情を見てすぐ解った。
「全部変えます! 気持ちも、フォームも。しっかり足上げて」
笑顔を見せてそう言った後、またアップを行う選手たちの中に戻って行った。

第1打席、外角へのスライダーを振らされ三振に終った後、西田監督に言われたと言う。
「監督、さすがですね。『上体が突っ込み過ぎとるっ!』ってすぐに言われて。最初、(左足を)摺り足で行ったんですけど、次からフォーム変えました」
2打席目に今大会初ヒットとなるセンター前ヒットを放つと、第4打席に三遊間を破るタイムリーヒット、第5打席にもセンターへ鋭いライナーを飛ばし、3安打を放った。

ここまでの4試合、打線の中軸となっている真輝(高知FD)、堂上隼人(香川OG)のバットが好調だ。丈武も負けてはいられない。

試合後、「やっと、丈武のフェニックス・リーグが始まったね」と声を掛けると、
「…4試合目に」
と、苦笑していた。



b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 去年は3勝8敗1引き分けですね

    復活おめでとうございます。ILの諸君はかなり頑張っているようですね。マサキ君と堂上君が特に。ドンドン アピールして欲しいものです。

  • >TAMO2様

    ありがとうございます。
    修正しました。

    クリーンナップの活躍は素晴らしいです。
    まず序盤に先手が打ててるのが大きいですね。
    丈武も3安打と、やっとエンジンかかりました。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。