• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    07 ≪│2017/08│≫ 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/03/21(Tue)

世界一!

最高だ。
世界一だぜ!すごいよ!

羽田空港で初回表の攻防を観た後、大阪への飛行機に乗った。伊丹のロビーでまず目にしたのは小笠原の犠牲フライでホームに帰って来る松中の姿だった。それから2時間、テレビの前からまったく動かず、WBCの中継にかじりついたまんま。大塚の最後のボール、良かったねぇ。ロビーで一緒に観てる人全員とハイタッチしたかった。

1点差まで詰め寄ったキューバの反撃はさすがと思えるものだったし、最後まで緊張感の張り詰めた素晴らしい決勝戦だった。二次リーグ以降の試合はどれをとっても見ごたえのある好ゲームだったと思う。とにかくはずれが無かった。面白かった。日本の野球は世界一なんだね。嬉しかったなぁ、ほんまに。後輩の里崎クンが世界一のキャッチャーだぜ!

今大会、印象に残っているシーンはいろいろある。その中でも特に焼き付いたのはどのゲームだったか、当たり損ねで完全な凡打に倒れたイチローが、一塁まで全力疾走したシーンだった。あの走塁にイチローの気合を見た思いがした。

いやぁ、いろいろあったけど日本が初代チャンピオンチームだぜ!
来年から3月21日は野球の日にして祝日にしよう!もう春分の日じゃなくていいや。

IMG_1904-2.jpg

梅田でAZUからもらった号外(祝!)

b_02

スポンサーサイト
Home | Category : SPORTS |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。