• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/10/13(Sat)

恩返し

フェニックス・リーグ2007
2007.10.13. グッドウィル 1-3 四国IL選抜 <南郷スタジアム>

 IL 100 020 000|3
GW 000 001 000|1

バッテリー
 IL 小山内、渡邊、松尾、天野 ‐ 堂上
LM 朱、帆足、岡本、小野寺 ‐ 銀仁朗、吉見

四国IL選抜 先発メンバー
 右 近藤
 遊 三輪
 捕 堂上
 二 智勝
 一 丈武
 左 ブライス
 三 檜垣
 D 高井
 中 井吉


この第2クールから指揮を執る西田監督(香川OG)が組んだ今日の先発オーダーは、先発の小山内大和(愛媛MP)、三塁手の檜垣浩太(愛媛MP)、そしてDHとして登録された高井啓行(高知FD)を除き、すべて香川OGから選抜されたメンバーで占められた。
1回表、制球に苦しむグッドウィル先発の朱から四番・智勝(香川OG)が適時中前打を放ち四国IL選抜が先制する。
3回表の無死満塁のチャンスは無得点に終ったが、5回表、九番・井吉信也(香川OG)が左中間への二塁打で出塁すると、二番・三輪正義(香川OG)の中前打で四国IL選抜が追加点を挙げる。三輪は三番・堂上隼人(香川OG)の打席に二盗、三盗を成功させチャンスを拡げると、堂上が左翼フェンス直撃となる二塁打を放ちこの回2点を挙げた。
5回を投げ被安打はたったの1本と好投を見せる小山内だったが6回裏、二死一、三塁から四番・中村へのスライダーがワンバウンドとなり捕手・堂上が後逸。この間に三塁走者が生還し、グッドウィルが1点を返した。
四国IL選抜ベンチは7回表から左腕・渡邊隆洋(徳島IS)を投入。さらに7回途中から松尾晃雅(香川OG)をマウンドに送り継投策に出た。松尾は7、8回を無得点で切り抜け、グッドウィルに追加点を許さないまま9回裏のマウンドには天野浩一(香川OG)が登る。天野は最終回もしっかりと3人で抑え、四国IL選抜が3対1でグッドウィルを降した。
四国IL選抜は東北楽天戦に続きフェニックスリーグで連勝を挙げ、ここまでの試合成績を2勝1敗とした。
なお試合前のグッドウィルの打撃練習中、打球がウォーミングアップ中の井吉信也選手(香川OG)の頭部に当たるというアクシデントがあり、一時騒然となった。しかし大事には至らず先発として出場。二塁打も放ち、元気なところを見せた。


『恩返し』

選抜メンバーの中でも香川OGの選手たちにとって、今日の試合は特別なゲームだった。
堂上隼人(香川OG)が語る。

「森さんの前で1本打ちたかった」

グッドウィルには昨年まで香川OGでコーチを務めていた森博幸打撃コーチがいる。試合前には各選手たちが挨拶に出向き、旧交を温めていた。

「なんでお前が1番付けてんだよっ!」

森氏在籍中の「7」から、背番号が「1」に替わった近藤洋輔(香川OG)が、足蹴にされながら笑っている。試合前のグラウンドに少しだけ柔らかい空気が流れていた。

先発メンバー10人中8人が香川OGの選手という、ほとんど単独チーム同士の対戦のような試合に、選手たちは結果を出す。初回から智勝(香川OG)が先制打を放てば、5回には堂上が〝打ちたかった1本〟をレフトに運ぶ。三輪正義(香川OG)は華麗な守備で先発の小山内大和(愛媛MP)を助けながら、自らの最大の持ち味である「足」を存分に見せ付ける。試合前に不慮のアクシデントに襲われた井吉信也(香川OG)も、左中間を破る当たりを放ち存在感を示した。

「彼らにも言ったんだけど、間違いなく去年より走・攻・守はレベルアップしてる。だからもう一段レベルを上げて上に上がるためには、このまま続けろと。このまま謙虚にね。自分の練習する時間が少ないだろうから、時間は自分で作って。このまま続けるしかないですよ」

これでいい。
去年よりもさらに成長できていることはよく解った。だからこのまま上を目指せ。もう一段階段を登るためには、このまま続けるしかないのだから。
かつての教え子たちが見せた確かな成長振りに、森コーチが表情をほころばせていた。

見てもらいたかった恩師の前で、堂上はレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースを放った。言葉よりも、プレーヤーとして成長した姿で恩返しすることができた。だが、まだまだ大事な試合は続く。本当の恩返しは11月の運命の日が終ったその後に。それまでは納得も満足も、している余裕なんてない。

「森さんに、『スイングスピードも上がってるから。このまま頑張れ!』って、そう言ってもらいました」

でも、今日は少しだけ満足できたような、そんな笑顔を見せていた。


2007.10.13. DOUE
5回表、堂上隼人(香川OG)の一打が左翼フェンスを直撃、追加点を奪う。

PHOTO BY Misato MORI
※当blogに掲載している文章、写真の無断使用はすべて禁止します。

b_02
↑Push please.
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。