• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/09/09(Sun)

紙一重

四国アイランドリーグ公式戦
2007.9.8. 徳島IS 2-4 香川OG <オロナミンC球場>

勝 塚本 9勝2敗
敗 渡邊 4勝10敗
本塁打 国本5号満塁(8回渡邊)

徳島IS先発の渡邊隆洋、香川OG先発の塚本浩二。両投手が見事な投手戦を披露する。6回終了まで共に無安打無得点投球を続け、息を呑む投手戦となった。
7回裏、塚本は先頭の一番・山口寛史を今日2つ目の四球で歩かせる。一死一塁として四番・小松崎大地が遊内野安打を放つが、遊撃手・三輪正義の一塁への送球が逸れる間に小松崎が二塁を狙う。小松崎は二塁で刺殺されたが、この間に山口が生還し徳島ISが均衡を破った。
しかし8回表、渡邊は先頭の五番・丈武に左前安打を許すと、続く六番・近藤洋輔も三遊間を抜いて続く。七番・ブライスは三塁線にセーフティーバントを決め、香川OGが無死満塁のチャンスをつかんだ。一死満塁とした後、九番・国本和俊の打球は前進守備を敷いていた中堅手・岡嵜雄介の頭上を越えた。走者一掃となり、打った国本も生還。逆転の満塁ランニングホーマーとなった。
徳島ISは9回裏、山口の左翼線三塁打、二番・岡嵜の投強襲安打で1点を返すが反撃もここまで。香川OGが4対2で徳島ISを降した。
徳島ISは球団ワースト記録となる9連敗となった。


『紙一重』

両投手共に今日のマウンドに懸ける強い想いがあった。
塚本浩二(香川OG)は長かったトンネルをなんとか這い出そうともがいていた。
「スカウトのことを意識し過ぎてここ2、3ヶ月良くなかった。だから今日は自分のことだけに集中しようと思ってました」
久々の先発マウンドでもある。ここで結果を出したい。ネット裏に陣取ったNPBのスカウトのことも意識しないよう心掛けた。

今季球団ワースト記録タイの8連敗を喫し、渡邊隆洋(徳島IS)が考えていたのは「ここで連敗を止めたい」それしかなかった。うまく緩急を使い分け、渡邊らしい丁寧なピッチングを続けた。6回までに三振は7つを奪った。

6回まで共にノーヒットノーランを続けた投手戦は、今季二人のベストピッチだったと言ってもいい。先に失点を許したのは塚本だった。
「ストレートが良かった。ブルペンは良くなかったんです。マウンドに立ったらうまいことコースに投げ分けられた。逆に先に1点獲られたのが良かったのかもしれないですね。相手は守ろうとすると思うし」

7回も無安打で投げ切り、味方が遂に1点を奪った後の8回表、渡邊は特に固くなった訳でも気負ってしまった訳でもなかった。
「むしろここを攻め切ろうって。『絶対に出さない』って。(丈武が)ロングヒット狙ってるのは解ってましたから」
しかし、気持ちとは裏腹にコントロールが乱れる。ボールを3つ続け、カウントを悪くしてしまう。この試合で渡邊が最初に喰らった痛烈な当たりがレフトに向かって飛んで行った。

一死満塁の場面で打席を迎えた国本和俊(香川OG)は、西田監督から2つのアドバイスを耳打ちされていた。一つは「強気で行け!」。もう一つは「ゾーンを上げろ」だった。

「塚本さんがテンポ良く投げてたんで、なんとかしたかった。外野フライとかは狙ってませんでした。ただ低く強い当たりを打とうと思って」

初球から果敢に打ちに行き、2球目をセンター深くまで持って行った。必死に背走する中堅手・岡嵜雄介のグラブをかすめることなく、ボールが外野を転々と転がって行く。ランニングホーマーは9月に入って2度目。満塁は「人生初です」と言って微笑んだ。

「丈武さんが還んなきゃいいって。それでもみんながたくさん声掛けてくれて、それに応えたかった」
8回表、ヒットを許した先頭打者・丈武に対し、カウントを0-3にしてしまったことを渡邊は最後まで悔やんでいた。
「連敗を止められなかった。そこだけです。『9回負けろ』って言われても、逆にそっちの方が難しいのに」
この敗戦で連敗は「9」を数えた。徳島ISの苦悩が続く。7回まで見せた好投にも
「結果が出ないとそんなの関係ないですからね」
と言い放った。渡邊の言葉に言いようのない無念さが滲む。

試合後、球場内の通路を歩いていた加藤博人コーチ(香川OG)が言っていた。
「ほんと紙一重。紙一重なんだよ」


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback1

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • molten(モルテン) バスケットボール検定

    とっても使いやすく好評です。おすすめです。発売当初より気になっていましたが、予想以上に使いやすさと、ボールの回転がよく分かるのに感動しました!とても良い商品です。バスケットの面白さを引き出してくれそうです。・そこに屈辱はない・ボンズの756号ボールがオーク ...

コメント ▼


    
  • 厳しい・・・

    加藤コーチがおっしゃってましたね!
    「普通の事を普通にやれば良いんだよ!!でも、それが一番難しいんだけどね」って。。。。

  • 確かに

    >もっちゃん

    そう言ってはりましたなぁ。。。
    勝たなきゃ勝たなきゃ!と思う気持ちが逆に作用してしまってる部分もあるのでは?と思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。