• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/08/07(Tue)

新鮮な驚き

四国アイランドリーグ公式戦
2007.7.29. 徳島IS 6–10 香川OG <吉野川運動公園池田球場>

勝 松尾 10勝2敗
敗 安里 1勝1敗
本塁打 智勝1号ソロ(角野)
    アティング1号ソロ(塚本)

徳島県南では初の四国アイランドリーグ公式戦となった。
序盤、香川OG打線が徳島IS先発・角野雅俊に襲い掛かる。初回に一番・国本和俊の左中間二塁打、五番・丈武の適時中前安打で先制点を奪うと、2回表にも国本の左翼線二塁打で2点を追加した。
3回裏、徳島ISが香川OG先発の塚本浩二を捉える。三番・西村悟が2点適時打となる左前安打を放つと、四番・小松崎大地も中前安打で続き同点に。さらに五番・アティングがチーム合流2試合目にして初の本塁打を右翼に叩き込み4対3と逆転に成功した。
5回裏、香川OGの四番・智勝は左中間にソロ本塁打を放ち同点に追い着いた。
徳島ISベンチは6回から角野に代え、左腕・安里渉をマウンドに送るがこれが誤算に。二番・井吉信也の中前打、三番・堂上隼人の右中間越え二塁打と連続適時打で3点を奪い勝ち越しに成功すると、7回表にも六番・近藤洋輔が三番手・竹原俊介から中越え三塁打を放ち1点を追加した。
7回裏、徳島ISも三番・西村の左翼線適時二塁打などで2点を返すが、8回、9回と香川OGが1点ずつを奪い突き放す。9回裏を岡本健太が3人で締め、14安打を放った香川OGが10対6で徳島ISを降した。


『新鮮な驚き』

すぐそばを清流吉野川が流れる山あいの渓谷にあり、周りは一面緑に囲まれている。徳島県西部にある池田球場で初めて開催される四国アイランドリーグ公式戦だ。巨大な電光掲示板など無い。汗が滴る酷暑の中、しかし球場の周りは明るい活気に満ち溢れていた。池田町の地元スタッフに加え、普段徳島ISの試合をサポートしてくれているボランティアスタッフたちが現地まで赴き、いつもと変わらず試合開始までのスケジュールを滞りなく進めて行く。池田球場で四国ILはその歴史にまた新たな一歩を刻んだ。

目の前で観る公式戦にネット裏のスタンド席に陣取った少年野球チームの小学生だけでなく、大人たちの目も驚きに満ち溢れていた。角野雅俊の投げるボールに溜息が漏れ、智勝が放った左中間への本塁打に、
「あの身体であんだけ飛ばすか!」
そんな感嘆の声も上がっていた。

初めての驚きを覚えたのは池田町の人々だけではなかった。
昨日付けで徳島ISに入団が発表されたオーストラリア人選手2名の内、アンディ・アティングが五番・一塁手として今日の試合に先発出場を果たしている。

昨日、蔵本での愛媛MP戦9回裏、六番・田口大地が打ち上げたフライに目測を誤り落球してしまった。オーストラリア野球連盟環太平洋野球開発部・デニー丸山氏が教えてくれた。
「昨日アンディー、あのファーストフライを落としたのを反省してましてねぇ。『あんな暗い中で野球やったのは初めてだ』って言うんですけど、でも『プロとして言い訳はしたくない。すぐ切り替える』って言ってたんです」

スキー場がオープンし始めたというオーストラリア・ブリスベンを木曜に発ち、成田からバスで羽田へ移動。その夜に高松へ着いた。最も蒸し暑く体力的にも厳しい8月の日本に来て4日目、コンディションが万全ではないこともうかがえる。

第1打席、アンダースロー・塚本浩二に外角へのボール3つで三振に切って取られた。第2打席が回ってきたのは3回裏、3点のビハインドを跳ね返し、なおも西村悟をスコアリングポジションに置いた二死二塁の場面だった。カウント2-3からストレートを捉えた。右へ引っ張った打球が右翼フェンスを越えて行った。

「ガイナーズは強いチームだと聞いていたので、負けてる場面で追い上げることができたのが嬉しい。ナイトゲームよりもデーゲームの方が好きかな。日焼けしちゃうけど」

初めてのスタメン出場でアティングが放った一発は、初観戦した池田町の人々だけでなく、徳島ISのファンに大きな驚きを与えた新鮮な一撃だった。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback2

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • タチカラ (TACHIKARA) バレーボール検定球

    小学生用 メーカー:タチカラ (TACHIKARA) 詳細分類:バレーボール軽量4号 単位:個 発注単位:1 仕様・他:素材:スーパーソフト人工皮革 寸法・重量:軽量4号 規格・検定:日本バレーボール協会検定球(J.V.A.) ※ 製品改良の為、仕様の一部を予告なく変更すること ...

  • 6号ボールがいいと思う

     商品説明 ■検定球6号 ■国際公認球■特殊天然皮革 ■女子用(一般・大学・高校)・中学校用 ■チーム名、学校名のネーム入れ加工(1ヶに付 210円税込)はこちらから>>> バレーボール、バスケットボール、サッカーボール、ハンドボールにマジックなどで ...

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。