• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/08/07(Tue)

薄暮の空

四国アイランドリーグ公式戦
2007.7.28. 徳島IS 3–2 愛媛MP <徳島県営蔵本球場>
※ 9回サヨナラ

勝 小林 2勝3敗1S
敗 浦川 6勝6敗

先制したのは徳島ISだった。2回裏、六番DH・金谷良太が右前安打で出塁すると、八番・矢野大天の適時中前安打により1点を奪う。
しかし3回裏、徳島IS先発の片山正弘は走者を溜め、二番・外間修平に適時右前安打を許し愛媛MPがすぐさま同点に追い着く。
愛媛MPは5回裏にも外間の右中間越え二塁打、三番・比嘉将太の適時左前安打で追加点を奪い逆転に成功。先発の森琢哉は3回以降徳島ISに得点を許さず、7回からマウンドをリリーフ・宇都宮勝平につないだ。
7回裏、先頭の七番・永井豪が中前打で出塁。無死一、二塁となったところで徳島ISベンチは今日登録されたばかりのアティングを代打に送る。アティングは大きな中犠飛を放つと中堅手・グレアム義季サイモンがフェンス一杯まで下がりこれを捕球。連係がもたつく間に二塁走者の永井が一気に三塁を蹴りホームに生還。同点に追い着いた。
8回裏からマウンドに登った愛媛MPのエース・浦川大輔は、一死三塁のピンチも見事に抑えてみせた。しかし9回裏、二死二塁としながら一番・代打加藤光成が右中間を破るサヨナラ安打を放ち、二塁から安里が生還。徳島ISが3対2のサヨナラ勝ちで愛媛MPを降す劇的な幕切れとなった。


『薄暮の空』

7回裏、これが入団して最初の打席となった代打・アンディ・アティング(徳島IS)の打球は、最も見えにくい薄暮の空へと高く舞い上がった。背走しながら打球を追った中堅手・グレアム義季サイモン(愛媛MP)の目に正確な打球の位置は確認できていない。上がった打球の軌道を頼りに外野フェンス近くまで必死に打球を追うと、伸ばした左手のグラブにボールを捕った感触があった。

「グローブに入ったのが奇跡ですよ。あの時間帯は(打球が)全然見えない。白い雲と黒い雲があって、黒いところならなんとかなるんですけど、白い雲にかかったら絶対見えないっスよ」

6月8日の西条ひうち球場でこんなシーンがあった。
初のナイター開催となったこの日、光量の決して十分だとは言えない照明の下で愛媛MPと徳島ISの試合が行われた。5回裏、二番・外間修平が高く打ち上げたフライをセンターの永井豪(徳島IS)は完全に見失っていた。目測を失った打球は頭上を越え、外野フェンス近くまで芝生を転がっていった。この1本が5点を奪うビッグイニングのきっかけになっている。
「見えなかった?」
あの日の試合後、永井はこちらからの質問に無言のまま頷いていた。

グレアムが捕球したことを確認し、二塁からタッチアップのスタートを切ったのは永井である。
「(本塁まで)行ってやろうと思ってました。ランコーは・・・(腕を)回してました」

2007.7.28. NAGAI
永井の判断に迷いは無かった

三塁コーチャーズボックスの深谷コーチが一気に本塁突入を狙わせる。「その気」だった永井が一気に三塁を蹴り本塁へと加速した。センターからカットマンを中継してキャッチャーの梶原有司に帰って来たボールは、ホームベース上でミットを構えていた梶原の位置から大きく右に逸れた。

この空なら打球の行方は消える。もし追い着いたとしても1点を奪う十分な隙が生まれる。
同じ外野手であり、同じ失敗を経験していた永井にとって、タッチアップで二塁から本塁を突くというギャンブルは、かなり高い確率で成功するはずだという自信があった。だから躊躇することもなかった。見事な好走塁だった。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。