• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    07 ≪│2017/08│≫ 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/06/14(Thu)

勝負どころ

四国アイランドリーグ公式戦
2007.6.9. 香川OG 3–3 高知FD <サーパススタジアム>
※9回リーグ規定により引き分け

本塁打 国本2号ソロ(7回ソリアーノ)

今週サーパススタジアムで行われた首位香川OGと2位高知FDとの直接対決は、1勝1敗のタイである。ゲーム差は「4」。高知FDの後ろには0.5ゲーム差で3位の愛媛MPが迫っている。直接対決はこの試合を含め、あと8試合。上位3チームが混戦の様相を呈してきた。
2回表、高知FD打線が香川OG先発・金子圭太を捉える。先頭の四番・中村竜央が右前安打で出塁すると、八番・小山田貴雄が中前に弾き返し先制点を奪った。続く3回表にも四球で出塁した一番・梶田宙を二番・國信貴裕が右前安打で三塁に進めると、三番・古卿大知が左犠飛を放ちさらに1点を追加した。
中4日でのマウンドとなった高知FD先発の山隈茂喜だが、5回まで香川OG打線を無得点に抑える。しかし6回裏、二番・三輪正義に中前安打を許すと、四番・智勝が右前に適時安打を放ち香川OGが1点を返した。なおも一死一、二塁と続くピンチに、高知FDは山隈を諦め二番手・ソリアーノを送り後続を断った。
7回表、この回先頭の七番・宮本裕司が右翼線に二塁打を放ちチャンスを作る。八番代打・日高大輔が一塁失策で出塁し、無死一、三塁となったところで香川OGベンチは金子から勝沢賢一にスイッチした。勝沢は九番・白川大輔を二ゴロに打ち取るが、その間に宮本が三塁から還り、再び差を2点に拡げる。
7回裏、簡単に二死を奪ったソリアーノだったが、一番・国本和俊に左翼へソロ本塁打を叩き込まれ、香川OGが再び1点差に詰め寄った。
1点もやれない高知FDベンチは8回裏のマウンドに上里田光正を送り逃げ切りを図る。先頭の三番・堂上隼人を一飛に打ち取った上里田だったが、続く智勝を四球で歩かせてしまう。上里田の暴投の間に二塁を奪った智勝はさらに三盗も成功させる。五番・丈武は一飛に倒れたが、六番・近藤洋輔が上里田のストレートを中前に弾き返し、遂に同点に追い着いた。
9回表のマウンドに登った香川OGのクローザー・橋本亮馬は、一死一、三塁のピンチに陥りながら國信、古卿を打ち取り責任を果たした。
9回裏、最後の攻撃にすべてを賭けた香川OGだったが、上里田の前にチャンスを作ることができず3人で攻撃を終えた。試合は3対3と9回リーグ規定により引き分けに終わっている。


『勝負どころ』

8回表、二死二塁のピンチにマウンドに登った左腕・下地栄輝(香川OG)が、六番・マサキを一塁に歩かせながらも七番・宮本裕司をレフトフライに打ち取って切り抜けた。6回、7回と1点ずつを加え1点差にまで迫っている。8回表のこのピンチを乗り越えたことで、さらに勝負の流れは香川OGに傾き始めていた。

8回裏、最初の打者である三番・堂上隼人をファーストフライに打ち取った時、上里田光正(高知FD)は
「これでもらった」
と思っていた。
ほんの少しできた心の隙がコントロールを狂わせ、ボールが先行する。四番・智勝に対しカウント0-3とした後、外角へのストレートと三塁側へのファールでフルカウントに戻した。6球目のストレートははずれ、一塁へ歩かせてしまった。

動揺は然程無かったはずだった。しかし次の打者、五番・丈武への初球はショートバウンドとなり、智勝が悠々と二塁へ進む。一死二塁。1点もやれない場面で同点のランナーをスコアリングポジションに進ませてしまった。丈武のカウントが1-2となった後の4球目、智勝がスタートを切る。ノーサインだった。智勝はこの試合の勝負どころをここだと感じていた。上里田が言う。
「フォアボールはすぐ切り替えられたんですけど・・・盗塁がノーマークでした」
一発のある丈武に対してのバッティングカウントで、意識がほとんど打者に向かっていたバッテリーは不意を衝かれた。

丈武がファーストフライに倒れ、打席に立ったのは六番・近藤洋輔である。今週の高知FDとの3連戦に9打席ノーヒットとまったく当たっていない。この試合の序盤に後悔があった。一つのプレーに自責の念を抱いていたのだ。

「2回(表)のライト前(四番・中村竜央の右前安打)を一瞬「伸びるかな」と思ってちょっと下がったんです。あれをヒットにしたことで最初の失点につながってしまった。あれは自分の責任やと思てました」

先制点を与えることは防げたのではないか。そんな想いを試合中ずっと抱えながら、打席で結果を出せない自分に苛立っていた。闘志を前面に出すタイプの選手である。最年長でもあり、昨年の加入から常に「気持ち」を前に出してチームを引っ張っている。

「もうあそこは気持ちだけしかなかったんで・・・。多分ボールやったと思います。低かった」
カウント1-1からの3球目はストレートだった。電光掲示板に「145km/h」と表示された速球に詰まらされながらも、打球は二塁ベースと中堅手・梶田宙の間にポトリと落ちた。

8回裏に同点に追い着いた香川OGは、2位高知FDとのこの直接対決において、勝ちにも等しいと言えるドローに持ち込んだ。

「ここのところ前半に(得点が)取れてない。エンジンがかかるのが遅いんで、序盤から崩したいですね」
(終盤、6、7、8回と1点ずつ詰めていきました)
「最後まで切れないですよね。一人一人が勝負どころに気付いてたと思う」

香川OGの現在の力に関して、智勝は試合後こう答えている。三度出塁しながらたった一度勝負を賭けた三塁への盗塁が、この試合を落とすか分けるかの境目だった。
「なんとかしなければ・・・」
そんな必死の想いが智勝にも近藤にもあった。

ゲーム差は「4」のまま。次の直接対決は高知FDのホーム、春野球場に舞台を移す。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。