• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/06/06(Wed)

「言い訳にできない」

四国アイランドリーグ公式戦
2007.6.3. 徳島IS 0–1 愛媛MP <オロナミンC球場>

勝 浦川 4勝3敗
S 小山内 4敗1S
敗 片山 2勝5敗

同率3位で始まったここまでの3連戦を、愛媛MPは3連勝、徳島ISは3連敗と、明暗がくっきり分かれている。ホーム3連戦最後のゲームに徳島ISは意地を見せたい。
徳島IS先発の片山正弘は初回、いきなり一番・グレアム義季サイモンに右中間を破られ、スコアリングポジションに走者を進ませる。二番・福西太志がバントで送ると、四番・荒木康一の打球は三遊間への強いゴロに。これを遊撃手・李鐘熙がファンブルする間に三塁からグレアム義季が生還し、愛媛MPが先制点を奪った。
愛媛MPの先発はエース・浦川大輔。浦川は前半5回を無安打で抑え、徳島IS打線にまったく反撃の隙を与えない。
6回裏、一死から九番・HIROがようやく1本目の安打を中前に運び出塁するが、後続が併殺に倒れ3人で攻撃を終える。浦川はこの回でマウンドを降り、小山内大和が7回からのマウンドに登った。
見事な投球で徳島IS打線を無安打に抑えた小山内は、3イニングを完封。愛媛MPが徳島ISを1対0で降した。徳島IS打線は一度も二塁を踏めないまま浦川、小山内の前に完敗を喫した。4連勝と負け無しで今週の4連戦を終えた愛媛MPは、高知FDとの差を1ゲームに縮め、2位を射程距離圏内に収めている。


『「言い訳にできない」』

徳島IS打線を5回までノーヒットに封じ込み、ほぼ完璧なピッチングを見せていた浦川大輔(愛媛MP)が、6回のマウンドを持ってマウンドを降りた。沖監督は疲労からくる首の痛みを抱え、十分なコンディションではない浦川に無理をさせたくなかったのである。1点のリードを持ってマウンドへ送り出したのは、昨日香川OG戦で4回1/3を投げ、終盤の逆転勝ちへと導く大きな仕事をやってのけた小山内大和だった。

残り3イニングを無失点で切り抜けたい。緊張感を持って7回裏のマウンドに登っている。
「ドキドキしてました。とにかく一人ずつを全力で。初めから飛ばして行こうと思ってました。去年浦川が投げた時にリリーフを失敗して浦川の勝ちを逃したことがあって、それが頭の中に残ってて・・・」

最も強く心にあったのは、昨年犯してしまった失敗に対する後悔の念だったと言う。まだ払拭できていなかった屈辱をここで晴らしたい。それには一人一人の打者に対して慎重に、しかし全力を持ってぶつかる。それしかないと考えていた。

アクシデントは最初の打者、二番・岡嵜雄介を打席に迎えた時に起こった。
フルカウントから2球ファールで粘った岡嵜が8球目にバットを合わせる。ボールがマウンドの小山内の右手をライナーで直撃した。方向が変わり、転がった打球を遊撃手・松坂恭平が素早くすくい上げ、一塁手・荒木康一の元に送る。間に合った。
タイムがかかり、野手たちがマウンドに集まる。内野手だけではなく、外野手たちまでもがマウンドに駆け寄ってきた。

「(指の)感覚がなくなってました。でも当たったのが親指だったんです。投げてみて大丈夫そうだったんで。それを言い訳にはできない」

思わぬアクシデントがまだ緊張の残っていた小山内の闘志に火を点けたのは間違いない。「言い訳にできない」のではなく、「言い訳にしたくない」のだ。強い気持ちをさらに奮い立たせた。幸い投球練習で投げた感じは問題がない。ストレートも走った。タイムが解かれた後の最初の打者、三番・永井豪を外角へのストレートで三振に切って取ってみせた。

9回裏、最後の打者・岡嵜をサードゴロに打ち取り、マウンドに集まった野手たちとハイタッチを交わす。7、8、9回をノーヒットに抑え重責を果たした。毎回の4奪三振も奪っている。
ヒーローインタビューに現れたのは4勝目を挙げた浦川と、初セーブを手にした小山内の二人だった。

「浦川の気持ちをそのまま引き継ぎました」
乗り越えられた強さがそこにあった。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。