• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    07 ≪│2017/08│≫ 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/06/02(Sat)

自信

四国アイランドリーグ公式戦
2007.6.1. 徳島IS 1–8 愛媛MP <オロナミンC球場>

勝 近平 5勝1敗1S
敗 渡邊 4勝4敗
本塁打 荒木1号2ラン(1回渡邊)

先週の4連勝で愛媛MPが波に乗っている。東予での直接対決に勝利し、単独3位に躍り出た。徳島ISがこの試合に勝てば、またも同率3位に並ぶ。しかし、愛媛MPに対して今季の成績は1勝4敗とかなり分が悪い。新たに「オロナミンC球場」と名前の変わったホーム・鳴門での最初のゲームを白星で飾れるか。
初回、愛媛MPの四番・荒木康一は徳島IS先発・渡邊隆洋の変化球を左翼スタンドに運び2点を奪う。苦しい立ち上がりとなった渡邊は2回表にも九番・梶原有司に左中間へ適時二塁打、再び荒木に右前安打を喰らい2点を失った。
4点を挙げ早々に渡邊を攻略した愛媛MPは、3回表にも二番手・番場由樹から七番・松坂恭平の左翼線二塁打、梶原の右前適時安打でさらに1点を加えた。
好投を続ける愛媛MP先発・近平省吾の前に徳島IS打線は3回まで無安打と、一向にチャンスをつかむことができない。4回裏、一死満塁の場面も七番・金谷良太が三ゴロ本塁併殺に倒れ、チャンスを逸した。
愛媛MPは6回表、三番・比嘉将太が右前適時安打を放つと、相手の送球ミスが重なり2点を追加。7回表にも八番代打・小田島一樹の中前適時安打で1点を加え、大量8点のリードを奪った。
最終回に五番・李鐘熙が意地の中前安打を放ち1点を返すが、7点のビハインドを覆すことはできず愛媛MPが8対1で徳島ISを降した。愛媛MPはこの連勝により2位高知FDとの差を1.5ゲームに縮めた。


『自信』

最後にセンターへ弾き返し意地を見せた李鐘熙(徳島IS)も、今日の近平省吾(愛媛MP)のデキの良さを素直に認めていた。
「いや、良かったですね。何て言うんだろ・・・。のらりくらり投げてるように見えるんだけど手元でグッとくる。多分(外から)見てるよりもバッターボックスの方が打ちにくいと思う」

展開としては前日、同じ徳島ISに勝利した東予球場での試合内容と似ている。序盤からの大量リードに支えられ、楽に投げることができた。前回先発した蔵本球場での徳島IS戦でも完投勝利を収めている。今季1敗しか許していない徳島ISが相手とは言え、プレッシャーが無い訳ではなかった。
「昨日勝ってて、今日負けるとしんどいですから」
再び単独3位に浮上した良い流れをここで切ってしまいたくない。「落とせない」という強い気持ちを静かに燃やしていた。

ポイントになったのは4回裏である。
味方の連続失策から一死満塁のピンチを迎えてしまった。加藤コーチがマウンドへと向かい、野手が集まる。コーチの言葉に何度も大きく頷いている。
「エラーはしょうがないんで。ただ、ちょっとストライクを取ってもらえなくて、少しイライラしたところがありました」
タイムが解かれると、表情には気迫がみなぎっていた。七番・金谷良太に投じた初球、搾り出したような声がネット裏まで聞こえている。ピンチのきっかけとなるミスを犯した三塁手・檜垣浩太が素早くゴロをすくい本塁へ送る。そのボールを捕手・梶原有司が一塁へ送った。大きな逆転のチャンスを失った徳島IS打線は、最終回まで1本のヒットも放つことができなかった。

これで5勝目を手にした。5試合に先発して負け無し。3連勝を挙げ、しかも3試合とも完投(1試合完封)と、文句の無い結果を出している。5月月間MVPへのアピールは十分できた。

「三振を取れるピッチャーじゃないんで。自分一人の記録ではないと思ってますし」
スタミナもついたね、という記者からの問い掛けに
「正直、今練習の方がしんどいんで。スタミナがついてくれないと損です」
と言って笑う。ハードな練習をこなせているその自信が、試合での結果につながっている。

ヒーローインタビューで言った。
「また明日から死ぬまで走りたいと思うんで・・・」
その言葉は、決して大げさではない。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。