• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/04/23(Mon)

1点を守る、1点を獲る

四国アイランドリーグ公式戦
2007.4.20. 徳島IS 2–1 高知FD <鳴門総合運動公園野球場>
※ 9回裏逆転サヨナラ

勝 小林 1勝
敗 上里田 2勝1敗1S

ホーム鳴門での三連戦第1ラウンド、徳島ISは勝率5割を賭けて首位を走る高知FD戦に臨んだ。徳島IS・渡邊隆洋、高知FD・上里田光正とエース同士の直接対決となった。
4回裏、試合が動く。先頭の三番・永井豪、四番・小松崎大地が連続安打で出塁すると、五番・福永泰也は手堅くバントで送り、徳島ISが一死二、三塁のチャンスをつかむ。続く六番・西村悟の打球を三塁手・マサキが失策する間に永井が生還し先制点を奪った。
高知FD打線は渡邊の前にあと一本が出ず、7回を無得点のまま終盤を迎える。8回表から渡邊をリリーフした小林憲幸は二死満塁のピンチも凌ぎ、いよいよ最終回を迎える。
9回裏一死、八番代打・日高大輔が遊失策で出塁すると、九番・土佐和広が右前安打でつなぐ。一死一、二塁のチャンスに、今季初の一番に据えられた梶田宙が適時左前安打を放ち、二塁から日高が生還。土壇場で同点に追い着いた。
追い着かれた徳島ISだが9回裏、今日マルチヒットを記録している永井が逆風を突いて右越え三塁打。逆転サヨナラの走者が塁に出る。続く小松崎も四球で歩くと、藤城監督は上里田に代え左腕・大澤亮をマウンドへ送る。しかし続く福永も四球で歩かせ無死満塁としたところで、三人目・西川徹哉にすべてを託した。西川は西村を三振に切って一死満塁とするが、七番・李鐘熙に初球を左前に運ばれると三塁から永井が生還。徳島ISが2対1と劇的な逆転サヨナラ勝利で高知FDを降した。
この勝利によって、徳島ISは3連勝すると共に勝率を5割に戻した。


『1点を守る、1点を獲る』

ようやく土壇場で味方が同点に追い着いてくれた。
9回裏のマウンドに立つ上里田光正(高知FD)の胸にあったのは
「もう「勝ち」はなくなった。味方が取ってくれた1点を守ろう」
という気持ちだったと言う。

実際、高知FDにとっては「ようやく」奪った1点だった。7回に一死満塁、8回にも二死満塁のチャンスを作っておきながら、あと1本が出なかった。延長戦の無い四国リーグではもう勝ちがない。苦労して追い着いた最終回を「抑え切ろう」ではなく「守ろう」と思った。そこに落とし穴があった。

7回を好投した渡邊隆弘の勝利が泡と消え、マウンドを受け継いだ小林憲幸が9回に失点を許した。同点のホームを踏んだ走者は遊撃手・李鐘熙の失策で出した走者である。逆転こそ許さなかったとは言え、ここまで守り続けた1点を守り切ることができなかった。徳島ISにあったのはそんな精神的な落胆よりも「ここを絶対に勝ち切ろう!」とする強い意志だった。

9回裏、先頭打者は三番・永井豪である。
渡邊が7回に迎えた二死満塁のピンチ、そして小林が8回に迎えた二死満塁のピンチを二度に亘って救ったのが中堅手・永井の好守だった。試合前から強風が吹き、一時は試合開催も危ぶまれたほどである。外野手にとって難しいコンディションであったことは間違いない。ここまで2本の安打をレフトに放ち、当たっている。
「絶対に出る。その気持ちだけでした。1球目のフォークがボールになって、(2球目は)インコースの真っ直ぐでした。去年からずっとアガリさんにやられてたので、しっかり踏み込んで打ちました」
内角に来たストレートを捉えた。
「手応えは完璧でした」
打球がライト方向へ高く舞い上がる。終始吹き続けていた強い風は打者にとって完全に逆風である。だがそれをものともしない。右翼手・梶田宙が計った以上に打球は伸び、猛然と後方にダッシュするが追い着かない。
「逆風だったんで・・・。あんなに伸びると思わなかった」
三塁ベースに悠然と立った永井に一塁側スタンドから大きな歓声が上がる。

失点を許したのは言い訳のできない自分のミスからだった。9回表、代打・日高大輔に対し、三遊間を締めていた遊撃手・李鐘熙は、予想と逆に二塁ベース寄りに飛んできた打球の処理を誤った。そして同点に追い着かれた。

9回裏、無死満塁。打席に入っている六番・西村悟が決めればもう自分に打順は回って来ない。
「とにかく自分の中でずっと「回ってこい!」と思ってました。西村が打席に入ってる間も準備はずっとしてましたね」
この回、三人目としてマウンドに登った西川徹哉の変化球に西村が倒れた。待ち望んでいた打席は一死満塁、一打サヨナラという願っても無い場面で巡って来た。強い気持ちを持って右打席に足を踏み入れる。
「ファーストストライク。甘くきたら行こうと思ってました」
初球のスライダーを引っ張った。打球が二塁走者の行く手を阻むようにしてレフトへ転がっていく。一塁を回ったところで自軍ベンチを振り返り、大きく両手を挙げた。あっと言う間にチームメイトに揉みくちゃにされた。

「勝って勝率を5割に!」
徳島ISはこの言葉を合言葉のようにして試合に臨んでいた。1点を守り切ろうとした上里田と、最後に勝ち切ろうとした徳島ISの野手陣。そこに「守る」と「攻める」という気持ちの違いが見える。そしてもう一つ、なんとかしてミスを取り替えそうとした李の執念がそこにあった。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 四国遠征

    盛り上がってますかぁ~四国!?
    今年は、行かないと・・・・
    貴方のスケジュールも含めていつ頃がベストかな??

  • お待ちしております

    >MA2DAさん

    懸案事項でしたもんねぇ。
    こちらは10月まで同じペースです。ありがたいことにG.W.もお盆休みもありません(笑)。

    ま、すぐそこですから!
    阿波踊りか讃岐うどん食べに来られるのと絡めてもいいですし。
    リーグの試合予定詳細はこちらでご覧になって下さい。
    ※2/28のニュースリリースに掲載されてますので。

    http://www.iblj.co.jp/

    今年も新作、期待してますからねーっ!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。