• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/04/07(Sat)

輪の力

四国アイランドリーグ公式戦
2007.4.6. 高知FD 5-4 徳島IS <高知市営球場>

勝 岸 1勝
敗 渡邊 1敗
本塁打 マサキ1号2ラン(サヨナラ本塁打)(9回渡邊)

序盤、徳島IS打線が高知FD先発の上里田光正を捕まえる。二番・岡嵜雄介、三番・永井剛が安打で出塁した後、四番・小松崎大地の左前適時打で1点を先制した。3回表には永井の左中間突破三塁打、小松崎の犠飛などで2点を。6回表にも1点を追加しリードを4点に拡げる。高知FD打線は徳島IS先発・渡邊隆洋の前に8回まで散発2安打、3併殺とまったく流れを呼び込むことができない。
しかし土壇場の9回裏、先頭の九番・梶田宙が右翼線二塁打で出塁すると、一番・代打トモ、二番・國信貴裕も安打で続き1点を返す。一死二、三塁とした後、四番・中村竜央は左中間越え2点適時三塁打を放ち、1点差までに詰め寄る。続く五番・マサキの打球は、右翼スタンドへ飛び込むサヨナラ2ランとなり、高知FDが一気に4点差をひっくり返す大逆転劇となった。高知FDは通算99勝、四国リーグ初の100勝に王手をかけた。


『輪の力』

森山一人コーチが円陣の中で言い放った「このままでは終われんぞ!」の一言は、確実に選手たちの気持ちに火をつけていた。9回裏、先頭の九番・梶田宙が打席へ向かう。
「前の二打席を引っ掛けてたんで、右に持っていくことを意識してました。負ける気はなかったし、捉えられる自信はありました」
打球は右翼線へ転がり、二塁を陥れた。高知FD3本目の安打が初の長打になる。

一番代打・トモは強い気持ちを持っていた。
「『つなげる』じゃなくて、とにかく自分が打とうと思ってました。内角球は捨てて、森山さんから『外の変化球を狙え』と言われてたので狙ってました」
つなげるよりも自分が出る。外角へ逃げた変化球を強引に右へ引っ張ると、打球は一、二塁間を抜けライトへと転がった。
「ノブなら空振りはしない。なんとかするだろう」
一塁ベース上でトモは思っていた。無死一、三塁となり、次の打者は二番・主将國信貴裕である。流れが大きく変わり始めていた。

「三塁走者を還す。『なんとかするんだ!』と思ってましたね。あの場面0-4で負けてて、進塁打なんかいらないじゃないですか。とにかくヒットが欲しかった」
かなり詰まってしまった当たりだったが、打球は三遊間を抜けた。三塁走者の梶田が生還し、なおも無死一、二塁とチャンスは続く。

「流れに乗って積極的にいこうと。雰囲気はありましたね」
三番・YAMASHINの打球は一塁への強いゴロになった。捕った一塁手・小松崎大地は二塁へ送球するのをためらい、一塁ベースを踏んだ。一死、二、三塁。
「宙と一緒に『林さん(マサキ)まで回せ!キミ(六番・古卿大知)まで回せ!』って叫んでたんスよ」
ヘルメットを脱いだYAMASHINが、生還した梶田が声を張り上げる。押せ押せのムードがベンチを包む。

その空気は次の四番・中村竜央にも確実に伝わっていた。
「いい意味で開き直って。ヘンに当てていかないで。もう打つしかないし、強く振るだけしかない。ベンチが乗ってたんで、みんなの『どうにかしよう』を感じましたね。自分も乗ってこうと」
カウント2-2からのストレートを捉えた。打球は左中間を大きく破り、トモ、國信が生還する。三塁ベース上から五番・マサキにすべてを託した。点差はあと「1」。
「もう林に『あとは任せたぞ』って」

捕手・矢野大天がマウンドの渡邊隆洋に近寄り、声をかけた。しかし、タイムは取っていない。遊撃手の李鐘熙もそばまで歩み寄って一言声をかけた。その声に一瞬表情を緩めたが、すぐに厳しい顔つきに戻った。

五番・マサキが左打席に足を踏み入れる。
「竜央がいいところで打ってくれたんで。ランナーが三塁にいたし、『外野フライでいいな』と楽な気持ちで入れました。とにかくファーストストライクを狙おうと思ってました。もうストレートでも変化球でも、最初のストライクを」
カウント0-1からの2球目、内角に入ってきたややシュート気味の直球だった。振り抜いた打球が高く舞い上がる。打った瞬間にスタンドインだと判った。ベンチから全員が飛び出し、マサキを歓喜と共に手荒く迎え入れる。渡邊は右翼スタンドを見つめたまま、呆然と立ち尽くしていた。

6人で5点を奪い、勝った。いや、6人ではない。気持ちを切ることなく、諦めることなく一丸となって最後の攻撃に臨んだ高知FD全員の「輪」の力だ。それは9回裏、ベンチ前での円陣から。森山コーチがかけた一言から始まっていた。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。