• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/01/29(Sun)

幸せな瞬間

週末、久し振りにかつての上司だった先輩とメシを食った。
出張帰りの品川駅で落ち合い、その辺の居酒屋に転がり込んで、お互いの近況と〝これから〟を報告し合った。二人が一緒に毎日を過ごした時代を〝あの頃は良かった〟と振り返るにはまだ少し早過ぎる。しかし今いる環境が、かつてのそれとは変わり過ぎていて、もう時代が変わってしまったのだという事を認めざるを得ない。毎日必死に目の前の仕事をこなしていたほんの数年前、実はその頃こそが良い時代だったのだと、今になって気付く。

「体だけはほんと、気ぃつけて下さいよ!」
先輩に一声掛けて、駅のホームで別れた。
「結局、みんな元気で頑張ってくれてたら、それでええよな」
そんな言葉が耳に残った。

人生は続く。
当然、諦める訳にはいかない。
憂う時間はほんの少しでいい。

幸せってどこにあるんだろうと、ふと考えてみた。ガラにもなく。
上を見ればキリがない。現実とのギャップを感じ過ぎて、目の前にある小さな幸せを見落としてしまう事がある。案外幸せな瞬間なんて、すぐそばに転がっているものなのかもしれない。

例えば。
見ず知らずのおばあちゃんの笑顔を、友達と共有できた時だとか。
思いがけず古い友達が、温かい言葉をかけてくれた時だとか。

例えば。
好きなラジオを聞きながらドライブ中に、助手席でうたた寝している彼女の横顔を見た時だとか。
そんな一瞬を、とても幸せな瞬間だと思う。

今のオレが手にする事のできる幸せなんて、そのくらいでしかないのだけれど。
それでも、その瞬間の事は忘れないと思う。
スポンサーサイト
Home | Category : 我、想う |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • マツダさんところからお邪魔致しました。
    瞬間の、言葉にもできないような、そういうものが幸せじゃないか、と思われる感性って素敵ですね^^

  • 恋さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    なかなか日常の中ではしかめっ面になる事も多いのですが、小っちゃくてもふっと笑顔になる様な、そんな一瞬にたくさん出会いたいですね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。