• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    03 ≪│2008/04│≫ 05
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/04/30(Wed)

OK!

四国・九州アイランドリーグ
2008.4.20. 愛媛MP 6-2 徳島IS <坊っちゃんスタジアム>

IS 020 000 000 | 2
MP 210 012 00× | 6

勝 近平 1勝
S 川西 1S
敗 渡邊 2勝1敗

バッテリー
IS 渡邊、佐藤 ‐ 加藤、永井
MP 近平、川西 ‐ 梶原

徳島ISを迎えてのホーム3連戦で一気に4連勝を狙う愛媛MPは、昨年最優秀防御率タイトルを手にした近平省吾を先発のマウンドに送った。昨夏、ヒジの手術で戦列を離れて以来の先発マウンドとなる。
徳島IS先発の渡邊隆洋が初回から愛媛MP打線に痛打を浴びる。先頭の一番・長崎準平が右中間を破る二塁打で出塁すると、二死二、三塁から五番・檜垣浩太の適時中前打で2人が還り、2点を先制した。
2回表、徳島ISも六番・アティングの左前打、七番・伊奈龍哉の適時三塁打などですぐさま同点に追い着くが、2回裏、愛媛MPが再び渡邊を捉える。九番・梶原有司が三塁内野安打で出塁すると、続く一番・長崎が右前安打。これを右翼手のアティングが後逸する間に梶原が生還し、3-2と勝ち越しに成功した。
愛媛MP打線は5回裏に三番・比嘉将太の中越え三塁打で追加点を、6回裏にも八番・川邊の左中間を破る2点適時二塁打で2点を奪い6-2とさらにリードを拡げる。
近平は2回以降失点を許さず、6回でマウンドを降りた。7回からマウンドを引き継いだ川西祐太郎が3イニングを打者9人で抑え、愛媛MPが徳島ISを6-2で降した。愛媛MPはホーム3連勝を含んでの4連勝。近平が今季初勝利、川西が自身リーグ初セーブを記録した。


『OK!』

今日のヒーローの一人、長崎準平に「4連勝したチームのどの辺りを心強く思うか?」という質問を投げ掛けると、こんな答えが返ってきた。

「ピッチャーですね。今日もチカさん、テンポ良く投げてくれて。凄い守りやすかった」

ホームでの3連戦で常に先制点を叩き出し、試合の流れを作ってきた打線よりも、野手の目から見て一番に挙げたのはピッチャーへの信頼感である。

近平省吾(愛媛MP)は今季、練習生という形でシーズンのスタートを切った。
昨年八月、右ヒジの手術のために選手登録を抹消。リハビリを続け、再び選手登録されたのは開幕まであと4日となった4月1日のことである。4月6日の徳島IS戦で復帰後初マウンド、13日の福岡RW戦で3回を投げ今季初セーブを記録と、順調に完全復活への階段を上ってきた。

今日のゲームのマスクを被った梶原有司は、近平のボールを捕りながら改めて思っていた。

「やっぱチカさん、いいピッチャーだなって・・・。ストライクが先行するし、他のピッチャーと違って(カウントが)0-2とかにならない。130キロくらいしか出てないんだけど、いいピッチャーって絶対スピードじゃないんですよね。いかにストレートを速く見せるかってことを意識しました」

100キロ前後の変化球を効果的に混ぜ、打者のタイミングをずらした。苦しかったのは左バッターのインコースを攻めたボールがきわどく外れた場面だった。6回表、一死一、二塁のピンチに、スイッチヒッターの六番・アティング、七番・伊奈龍哉と、左打者を連続して打席に迎えている。マウンドへ歩き、近平に直接声を掛けた。

「あそこは攻めてました。チカさんにも『今は(ストライクを)取ってくれてないですけど、ここはガマンして行きましょう!』って声掛けました」

二死一、三塁となったカウント0-2の場面、伊奈を一ゴロに打ち取りピンチを乗り切っている。

沖泰司監督に「使えるメドが立った」と言わせたピッチングで、今季初勝利を手にした。先発として登った久々の坊っちゃんスタジアムのマウンドは、やはり緊張したと言う。

「去年みたいに全然投げられないピッチャーがいない。だから先発が思い切って投げて行ける」

そんな「投手陣」としての自信もある。

昨年後半を棒に振ったのは、もちろん今年にすべてを懸けたからだ。近平省吾に「OK!」のサインが出た。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/04/18(Fri)

チームワーク

四国・九州アイランドリーグ
2008.4.13. 高知FD 2-5 徳島IS <土佐山田スタジアム>

IS 211 010 000 | 5
FD 100 001 000| 2

勝 渡邊 2勝
敗 山中 1敗

バッテリー
IS 渡邊 ‐ 加藤
FD 山中、山隈、野原、上里田 ‐ 飯田、キム

本塁打 中村1号ソロ(6回裏渡邊)

春野での今季初のホームゲームを徳島IS相手に完封勝利した。高知FDは新入団の山中智貴を第2戦のマウンドに送り連勝を狙う。しかし、序盤からその山中が徳島IS打線に捕まってしまう。
初回、一死二、三塁から四番・金谷良太が右前へ2点適時安打を放ちリードを奪う。高知FDも徳島IS先発の渡邊隆洋の立ち上がりを攻め、四番・真輝の右前適時打ですぐさま1点を返した。
2回表、今日一番に座った小松崎大地の左前打に二塁から大二郎が還り1点を。3回表にも五番・金丸勝太郎、六番・永井豪の連続安打で徳島ISが1点を加える。5回表にも高知FDの二番手・山隈茂喜から永井の中犠飛で1点を奪い、差を4点に開いた。高知FD打線は渡邊の前に走者を出しながら追加点が奪えない展開が続く。
6回裏、五番・中村龍央が左翼スタンドへソロ本塁打を叩き込み、高知FDが1点を返した。ここから反撃かと思われたが、7回以降高知FDは打者3人ずつで攻撃を終え、ついに渡邊を捉えることができなかった。
徳島ISが5-2で高知FDを降した。渡邊は6日の完封に続き、完投での2勝目を挙げた。


『チームワーク』

試合前のシートノックが終わり、徳島ISが三塁ベンチ前で円陣を組んだ。いつものように誰かが掛け声を掛け試合へと入っていくのだが、その役目を負ったのは今日からチームに合流したアンディ・アティングだった。アンディがチームに帰って来た。輪の中心に入り、英語とカタコトの日本語でチームメイトを煽る。

「トクシマインディゴソックス!サイコーネ!」
「サイコーネ!」
「サイコーネ!」

アンディの日本語を全員が3度繰り返し、士気を高めていた。いい雰囲気があった。

4試合を戦って2勝2敗。星を5割に戻している。
先制の2点タイムリーを放った金谷良太が言う。

「昨日完封で嫌な負け方をして、野手が点取れなくて負けてたんで。先取点を取るのは今日のテーマでした。その点においては仕事ができたと思います。(渡邊のピッチングも)守りやすかったです。テンポ良くて」

打撃だけではない。8回裏、終盤で迎えた無死一塁のピンチに、三番・古卿大知の左中間へのライナーを抜群のポジショニングと判断良いスタートで捕球し、ピンチの芽を摘んでいる。

3回裏にライト前へタイムリーヒット、5回裏には距離十分の犠牲フライをセンターに上げ、2点を叩き出したのは永井豪である。いずれも前の打者、金丸勝太郎が出塁の後、二盗を成功させておりチャンスでの打席だった。

「ランナーが走ってくれてたんで、楽に打てました」

試合後のコメントを選手たちに聞きながら気付いたのは、言葉の向こうに見え隠れしていた自分のプレーに関するものだけではない、「誰か」への言葉だった。

金谷は昨日仕事をしてくれた投手に対し、仕事のできなかった自分たち野手の不甲斐なさを今日のゲームにぶつけていた。その想いが序盤の先制打へと繋がっている。永井は2打点を挙げた自分のバットよりも、まずチャンスを拡げてくれたランナーへの賛辞を言葉にしていた。

試合中のプレーではない、スコアブックにも記載できない本物の「チームワーク」が、少しずつ見え始めている。

「ピンチの時に「大丈夫だから!」って、ベンチが何度も大きな声を掛けてくれてました」

そう語ったのは完投で2勝目を挙げた渡邊隆洋だった。
ベンチからの激をマウンドで力に代えながら、高知FD打線を最後まで抑え込んだ。
ヒーローインタビューでスタンドのファンからの声援を受けながら、こうも言っていた。

「アンディが合流して、これでインディゴソックス全員が揃いました」


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/04/10(Thu)

「それがすべてです」

四国・九州アイランドリーグ
2008.4.6. 徳島IS 4-0 愛媛MP <アグリあなんスタジアム>

MP 000 000 000 | 0
IS 000 001 12×| 4

勝 渡邊 1勝
敗 高木 1敗

バッテリー
MP 高木、近平、入野 ‐ 梶原
IS 渡邊 ‐ 加藤

序盤は徳島IS先発・渡邊隆洋、愛媛MP先発・高木大輔両投手の投手戦となり、前半5回を両チームとも無得点で終える。
6回裏、徳島ISは一死満塁の場面で六番・金谷良太が一、二塁間を抜く適時安打を放ち先制点を。7回裏にも代わった二番手・近平省吾を捉えると、一死一、三塁のチャンスに二番・金城直仁が右前へ適時安打を放ち追加点を奪った。8回裏にはこの回からマウンドに登った三番手・入野貴大が制球に苦しむところを八番・加藤光成、九番・金丸勝太郎が連続適時打。さらに2点を追加し4点とリードを拡げた。
渡邊は愛媛MP打線に8安打を許しながらも打たせて獲る丁寧なピッチングで得点を許さない。最終回無死一、二塁のピンチも七番・大津慎太郎を投ゴロ併殺に切って取り、今季初勝利を4-0の見事な完封勝利で飾った。


『「それがすべてです」』

開幕を明日に控えた金曜日、練習を終えたグラウンドの裏で徳島ISの選手たちに開幕を迎える心境を聞いた。この時渡邊隆洋は、今季の開幕投手を逃してしまったことを素直に悔いていた。

「開幕に投げた人がこれまで全員プロ(NPB)に行ってて。西山さん、伊藤さん・・・。去年は投げさせてもらったんですけど、そのいい流れに乗れなかったのは残念です」

白石静生監督から「開幕は片山、渡邊で行く!」と言われながら、やはり欲しかった初戦のマウンドを逃してしまったことが大きな後悔として残る。

チームは昨日、欲しかった開幕初戦を落とした。
ネット裏でデータ収集に努めていたためベンチ入りはしていなかったが、試合後のミーティングの中でチームメイトたちの表情に浮き出ていた特別な感情に気付いている。

「昨日のみんなの悔しい顔を見て、チームに『この負けを取り返したい』っていう気持ちがありました。片山(初戦のマウンドに登り敗戦投手)なんかも結果を求めて頑張ってるのに・・・」

連敗だけは絶対に避けなければならない。
試合前のブルペンで、バッテリーを組んだ加藤光成とは「できるだけ早いカウントで打たせて獲ろう」と話し合っていた。力を入れすぎず、まず回の先頭バッターを抑えることに全力を傾けよう。この作戦が見事に功を奏している。

「無死球でいきたかったですね。一番意識してることなんで」

フォークボールが指にかかりすぎ、六番・松原準に与えてしまったデッドボールが一つある。しかし、今季初勝利を飾ったたった91球での完封勝利は、いかにも渡邊らしい繊細なコントロールを披露してのナイスピッチングだった。

4年目を迎えたピッチャーは、チームに渡邊ただ一人となった。行こうとしている場所がどういうところなのかも、そのためには何が必要なのかも、すべて解っている。

帽子のひさしの裏に、マジックで書かれた言葉がある。

「これです。それがすべてです」

『強い気持ち』と書かれていた。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2008/04/10(Thu)

4年目の開幕戦

四国・九州アイランドリーグ
2008.4.5.  徳島IS 1-6 愛媛MP <アグリあなんスタジアム>

MP 000 300 021 | 6
IS 000 000 100 | 1

勝 森 1勝
敗 片山 1敗

バッテリー
MP 森、宇都宮、西川 ‐ 梶原
IS 片山、梅原 ‐ 加藤

6球団となった四国・九州アイランドリーグの2008年シーズン開幕戦は、福岡と長崎のゲームがナイトゲームで行われるため、この一戦で幕を開ける。徳島ISの先発は2年目の片山正弘。愛媛MPも同じく2年目の森琢哉が第1戦のマウンドに登り、共に3回を無失点で終えた。
4回表、愛媛MP打線が火を吹く。四番・檜垣浩太、五番・大島慎伍の連続安打でチャンスを拡げると、六番・嶋田好高が右前に適時打を放ち先制点を奪う。さらに八番・中川慧陽、九番・梶原有司の連続適時打でこの回3点を挙げた。
7回裏、徳島ISが反撃に出る。六番・金谷良太、七番・永井豪の連続安打で無死一、三塁とすると、八番・加藤光成の左前適時打で1点を返した。愛媛MPはさらに無死満塁のピンチを迎えると、森に代え宇都宮勝平をマウンドに送る。宇都宮は一番・金丸勝太郎を三振に取るが、二番・代打斎藤雅俊への3球目が暴投に。これを見た三塁走者・永井が本塁突入を試みたが、本塁上のクロスプレーで憤死し追加点を奪えない。宇都宮は斉藤を中飛に打ち取り、このピンチを乗り切った。
愛媛MPは8回に2点、9回にも片山から代わった二番手、梅原伸亮から1点を奪いさらに点差を拡げる。8回裏からマウンドに登った西川雅人が2イニングを無失点で締め、6-1で開幕戦を白星で飾った。


『4年目の開幕戦』

7回裏、得点は3-1とまだ2点のリードがある。今季最初に登るマウンドが、この試合のおそらく山場になるであろう大事な場面となった。無死満塁。最大のピンチにリリーフとしてマウンドに登った宇都宮勝平(愛媛MP)の表情には余裕などなく、ただ必死で打者に対峙するしかなかった。

スライダーで先頭の金丸勝太郎を空振りに切って獲ると、徳島ISベンチは二番に代打・斎藤雅俊を送る。今季新入団の選手である。カウントが0-2になった後の3球目、捕手・梶原有司はスライダーを要求する。これがショートバウンドとなって梶原がボールを逸らした。三塁走者の永井豪が一気に本塁へと突進する。マウンドから駆け降り本塁のベースカバーに入った宇都宮に、梶原が拾い上げたボールを送る。足からスライディングした永井に宇都宮が弾き飛ばされた。倒れ込んでいる宇都宮のグラブを神谷主審が覗き込み、確認する。ボールは落としていない。永井にアウトが宣告された。三塁側スタンドから大きな歓声と、一塁側スタンドから落胆の声が上がった。

宇都宮のケガの状況確認のため一旦タイムが取られ、バッテリーはベンチへと下がった。
右足の太腿辺りを少し擦った程度で、幸いプレーに支障は無い。梶原はそれを確認すると、すぐにこの後の守りをどうするか考えていた。

なおも二死二、三塁のピンチだ。カウンドは0-3。斎藤を歩かせ、満塁策を採る選択肢もある。歩かせれば次の打者は三番の山口寛史である。ここまで3打数ノーヒットと抑えてはいる。しかし怖いバッターであることもこれまでの経験で十分承知している。宇都宮、梶原、山口。全員がこのリーグで今日まで3年間生き残ってきた選手である。

「山口さんですけど、どうしますか?」
意見を求めた梶原に対する沖泰司監督からの答えは、
「お前たちの好きにしろ」
だった。

マウンドへと戻り投球練習を繰り返している宇都宮に、先程までとは違う冷静さが漂っていた。バッテリーが選んだ選択肢は、「このままこのバッターで勝負」である。梶原が振り返る。

「次が山口さんだし、(山口が)左だってことを考えても、このまま右打者で勝負した方が打ち取れる確率が高いじゃないですか。カッペイさんなら変化球があるから。全部スライダーで勝負しようと思ってました」

要求されたサイン通りに宇都宮がスライダーを投げ込む。斎藤は外角に切れて行くボールを2球とも見送った。カウントが0-3から2-3へと変わった。ラストボールも同じ、外角へのスライダーだった。打ち損じた打球がセンターへと上がり、中堅手・長崎準平のグラブに収まった。

「もう無我夢中で、スラが特別キレてるとかは思いませんでした。梶原のサインに従っただけで・・・」

4年目のシーズン開幕戦に垣間見えたのは、3年間の積み重ねの向こうに今日の開幕の日があるのだという宇都宮と梶原の成長、そして経験だ。

「いいピッチングができたと思います」

1回を投げ、投球数は13。
大事なシーズン開幕戦、最大のピンチを救った宇都宮の顔は満足気だった。


b_02
↑Push please.

※当blogに掲載している文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。