• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    01 ≪│2007/03│≫ 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/03/19(Mon)

9回裏の一発

四国アイランドリーグ交流戦
2007.3.18. 四国IL選抜 1-3 阪神タイガース二軍 <鳴門球場>

昨日、香川OGに完敗を喫し連敗の許されない阪神は、先発マウンドに昨年一軍で4勝を上げている杉山直久をマウンドに送った。対する四国IL選抜は先発の橋本亮馬(香川OG)、二番手近平省吾(愛媛MP)が好投を見せ、両軍共に5回までを無失点で切り抜ける。
試合が動いたのは6回表、この回からマウンドに登った上里田光正(高知FD)が阪神打線に捕まった。四番・喜田の適時右前安打で阪神が先制すると、続く7回、8回にも1点ずつを奪う。3点ビハインドで迎えた9回裏、四国IL選抜は五番・堂上隼人(香川OG)が阪神3番手・筒井から左翼スタンドへソロ本塁打を放ち意地を見せた。しかし反撃もここまで。阪神が3-1で交流戦第2ラウンドを制し、面目を保った。


『9回裏の一発』

「とにかく納得がいってません・・・」
試合終了後、堂上隼人の口からまず飛び出して来たのは、何とも言えないやりきれなさだった。今日の自分のプレーにまったく満足することができていない。

結果を出さなければいけないNPBとの交流戦である。
「守備が全然。結果を出さなきゃならないのに・・・」
3回表、送りバントを処理した二塁への送球は間に合わず、進塁を許した。7回の二盗は阻止してみせたが、8回表、捕逸して二塁走者を三塁へ進めてしまった。とっさに投げた三塁への送球が悪送球となり、本塁生還を許してしまった。9回にも二盗を許している。

四国IL選抜の指揮を執った藤城監督(高知FD)は、選抜した3名の捕手の内、最後まで堂上にマスクを被らせている。託された期待はもちろん、NPBとの交流戦という場が一体どういうものなのか。ここでのアピールがNPB入りに向け、どれほど大切になるのか。堂上は昨年の経験で十分に解っている。
「このままじゃ絶対に終われない」
だからこそ最終回、二人目に回って来る打席を前にして、強い闘志を胸に秘めていた。

堂上のスイングはまだ完全には固まっていない。キャンプ中、トップの位置をはじめ、いくつかの修正された部分がまだ落ち着いていないのだ。ここまでのオープン戦の打席でも、少し上体が突っ込みすぎるきらいがあった。ただ、その理由は自分の中で理解できていた。必要だったのは、実戦の中での微調整である。

今日の第一打席、無死二塁のチャンスで三塁ゴロに倒れてしまっている。
「でも、あの打席の時に感覚がつかめました。いい感じで下半身を使うことができた。(最後の打席は)しっかり右足に溜めようと思いました」
キャンプで鍛え上げた下半身、特に右足には十分なタメを作ることが可能になっている。しっかり意識して踏み入れた9回裏一死、走者無しの打席で、集中力は最大限に高まっていた。この回からマウンドに登った左腕、筒井が投じた初球のスライダーに迷うことなくバットを叩き付けた。打球は左翼手の頭上を高く超え、スタンドへと吸い込まれて行った。

9回裏の一発は堂上個人としてはもちろん、四国ILの意地をも見せた力強い一振りだった。
アピールしなければならない大事な試合でミスをした。それが口惜しくてたまらなかった。しかし、打撃で見せた大きなアピールを、今日鳴門球場に訪れていた阪神タイガース関係者はしっかり眼に焼き付けたはずだ。オープン戦と言えども大事な交流戦。今季の優勝以上につかまなければならない物がある。秋のドラフトに向けて、堂上の挑戦もすでに始まっている。


2007.3.18. DOUE
阪神の前で意地を見せた堂上隼人(香川OG)

PHOTO BY Misato MORI
※当blogに掲載している文章、写真の無断使用はすべて禁止します。

b_02
↑Push please.
スポンサーサイト
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2007/03/18(Sun)

開幕2週間前

四国アイランドリーグ交流戦
2007.3.17. 香川OG 4-1 阪神タイガース二軍 <オリーブスタジアム>

香川OG単独チームとして今季二戦目のNPB交流戦は、オリーブスタジアムに阪神タイガース二軍を迎えた。
先制したのは香川OGだった。初回、三番・丈武が阪神先発・若竹の直球を豪快に右翼スタンドへ放り込む。出鼻を挫かれた阪神だったが5回表、四番・喜田が香川OG先発の天野から右翼スタンドへソロ本塁打を叩き込み同点に追い着く。
しかし6回裏、一死二、三塁のチャンスに丈武が2点適時安打を左前に放つ。7回裏にも1点を加え、3点差と阪神を突き放した。香川OG投手陣はしっかりとリードを守り、6回途中から下地、7回途中から橋本、8、9回を松尾の継投で阪神打線に追加点を許さなかった。今季、四国リーグとNPBとの交流戦では四国リーグの初勝利、香川OGとしても交流戦初勝利となった。


『開幕2週間前』

相手が阪神だからと、特に気負うことはなかった。いつも通りの気持ちで臨んだのだと、試合直後、まだ上気した顔で頬を赤らめている丈武は話してくれた。戦っていた相手は阪神よりも、むしろ自分自身だった。
「自分の中でやりたいことがあったんで、フォームを意識して打席に入りました。あんまり阪神だからって意識することは無かった。それよりも自分自身の中でしっかり(バットを)振ろうと」

初回二死、カウント1-3からの5球目をフルスイングした打球は、打った瞬間にそれと判るソロ本塁打だった。右翼スタンドへ軽々と運んでいった。
「真っ直ぐです。外を狙ってました」
この一打で確実に試合の流れをつかみ取り、最後まで渡さなかった。

オープン戦が続く中、丈武のバットは好調だ。三番の位置をキープしながらアークバリア戦で満塁本塁打、サーパス戦でも安打を放ち、結果を出している。今年の丈武の打球はよく飛んでいる。自分の中で意識しているというフォームについて、詳しいことはまだ言えない。
「バレたら困りますからね」
と言って笑う。
「今の好調をできるだけ維持できるように。バッティングがいいと守備にもつながりますから」

オープン戦が終わった後のグラウンドには、必ずと言っていいほどサードで柳田コーチからのノックを受けている姿が見られる。繰り返されているのは守備の基本部分であり、捕球するためのカタチを身体に覚えこませるための練習だ。頭で理解して、身体に染み込ませて。そのための反復練習が続く。今日も試合後、いつもと同じように特守を受ける姿があった。

充実した毎日の中で自分を磨きながら、丈武2年目のシーズン開幕まで、あと2週間。


2007.3.17. JOBU
今季から登録名を「丈武」に代えた森田丈武(香川OG)

PHOTO BY Misato MORI
※当blogに掲載している文章、写真の無断使用はすべて禁止します。

b_02
↑Push please.
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2007/03/15(Thu)

新blog、3つ

寒い。
〝今年は冬が短くて良かったぁ〟などとほくそえんでいたら、暦は春だってのにまた冬のような天気に逆戻りしてしまった。おまけに今日はあいにくの雨である。ようやく終わった確定申告の後片付け、資料整理などをしながら事務所で過ごしている。

さて、お気づきの方もいるかとは思うが、突然リンクを増やした。
判る人には判ると思う。いずれも私とこれまで密接に関わってこられた方々が運営中のblogだ。

『MA2DA GOROKU<デザイナーマツダ魂の叫び!>』
『魂』Tシャツでおなじみ、デザイナーMA2DA氏のオフィシャルblogである。
昨年も通販でちょこっと購入させてもらった。『野球魂』はもちろん、F1鈴鹿ファイナルだった昨年は、『日本GPメモリアル』として限定発売された4枚の中から『音速の貴公子』(イエロー)、『最強の皇帝』(レッド)、『荒法師』(ネイビー)の3枚を手に入れた(ちなみにもう1枚は『プロフェッサー』(レッド)だった)。先日も『音速の貴公子』を見た徳島ISのナガイ君から、
「そのTシャツ、何ですか?」
と突っ込まれた。blogだけじゃなくて、一度通販サイトにも飛んでアイテムを見て欲しい。

BEAT魂SHOP
http://www.rakuten.co.jp/yakyu-da/

『HEARTEX TIMES』
青山で働く社長のblogである。
昨年の今頃、東京で一緒に食事した際、
「オレもblogでも書こかなぁ・・・」
と言っておられたのだが、この春から執筆が始まった。個人的に最も注目しているblogだ。

HEARTEX official Web
http://www.heartex.co.jp/

『Real Escape』
昨年春に会社を辞め、世界に向けて旅立って行ったサムライバックパッカーは『Great Eacape』と名付けられたblogで旅の様子を綴った。アフリカでヒントを見つけ帰国した彼は、日本で会社を興し、今再びアフリカの空の下にいる。

年に数回しか会うことはなくなった。しかし、戦い続けている彼らの日々を読むことは、少なからず自分にとっても刺激となるものだ。彼らに負けないためにもリンク依頼をお願いしておいた。時間のある時にジャンプしてみて欲しい。こちらも来るべき球春に向けて今エンジンを温めているところだ。

実は『TONY the 12th』にこれらの新リンクは貼られていない。
これは『五人抜きジャンピングスロー』のリンク情報である。

2003年4月2日からスタートしたWebサイト『TONY the 12th』は、2007年4月1日をもって更新終了することに決めた。以降は、現在運営中のblog『五人抜きジャンピングスロー』からすべて情報発信して行きたいと考えている。なお、同時にBBSも運営終了予定だ。以上をここに報告しておく。これまでのお礼はまた改めて。

春はお別れの季節ですから。


b_02
↑Push please.

※当blogの文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
Home | Category : 友達 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2007/03/08(Thu)

一歩ずつ

四国アイランドリーグ交流戦
2007.3.7. サーパス 2-1 香川OG <神戸総合運動公園サブグラウンド>

香川OGがオープン戦2試合目にして、今季チーム初となるNPBとの交流戦に臨んだ。
1回表、二番・近藤洋輔、三番・丈武の連続安打で一死一、三塁とした後、捕逸により香川OGが1点を先制する。
初の先発マウンドとなった香川OG・天野浩一は、3回までを無失点に切り抜ける。しかし4回裏、この回先頭の三番・吉良にソロ本塁打を放り込まれ同点に。六番・鈴木にも適時左前安打を浴び、逆転を許した。
サーパス・住友監督は投手7人を次々とマウンドへ送り、初回の失点以降追加点を許さない。9回の攻撃も香川OGは3人で終え、1点差のまま涙を呑んだ。
四国ILとNPBとの今季交流戦としては、2月23日に行われた西武ライオンズB班‐高知FD戦に次いで四国ILの2敗目となった。


『一歩ずつ』

広島カープに在籍した5年間、天野浩一は常に中継ぎとしてマウンドに登ってきた。
つまり、先発としては久々のマウンドだということになる。昨年11月に香川OGの一員となって以来、オープン戦とはいえ、これが初の先発マウンドとなった。その相手はオリックス・バファローズ二軍、サーパスである。

「ずっと中継ぎだったからね。感じが違うと思う。・・・かなり違うと思うよ」
加藤博人コーチも、他の投手の先発マウンドを見るのとは少し違う気持ちで天野の投球を見つめていた。与えられた投球回数は5回、もしくは球数80球まで。序盤、意識的にストレート中心のピッチングを組み立てた。天野が言う。
「去年まで戦ってた相手に対して、ストレートが今の状態でどれくらいなのか。それを確認したかった。でも2巡目になると、もうストレートだけじゃ苦しかった」

4回裏、2度目の打席となった三番・吉良俊則に左翼へ運ばれたソロ本塁打、続く四番・迎祐一郎に左翼手の頭上を越された二塁打は、いずれもストレートだった。センターからレフト方向へ強い風が吹いていることは意識していた。自分では決して〝やられた!〟とは思わなかったのだが、強い風に乗って運ばれてしまった。

5回裏、ここからピッチングスタイルを変えている。
捕手、堂上隼人も
「5回は追い込んでからの変化球を要求しました」
と語っている。
効果的に変化球を使い、打者のタイミングをうまくずらすことに成功した。このイニングを三者凡退、8球で打ち取っている。予定通り、65球でマウンドを降りた。

「今日はとにかく、5回をしっかり投げられたことがすべてでした。まだ6、7回もいける余裕があった」
試合終了後のベンチでは納得の表情を見せていた。あの5回裏の投球、天野の口からは、
「つかめた物があった」
というセリフもこぼれている。

今日の投球に対し、西田監督は「80点」と答えている。初先発のマウンドは、まずまず合格点といったところだろうか。確認できたもの、自信となったもの、まだ足りないと感じたもの、それぞれある。しかし意味のある65球だった。次の課題をこう答えた。
「変化球の精度を高めなくちゃならない」

天野のNPB復帰への挑戦が始まっている。決して夢見るだけでなく、現実を見つめながら。一歩ずつ。一歩ずつ。


b_02
↑Push please.

※当blogの文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
Home | Category : 四国・九州アイランドリーグ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。