• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    01 ≪│2006/02│≫ 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2006/02/27(Mon)

星の下 路の上

プロフェッショナルとして最も大切なことは何か。
誰もが認める大きな結果を残すことだろうか。それとも莫大な収入を手にすることだろうか。業界における第一人者に上り詰めることだろうか。以前、あるプロフェッショナルに聞いたことがある。
「プロとして最も素晴らしいこととは、長くその仕事を続けることだ」

佐野元春がレコーディング・アーティストとしてデビューしたのは1980年4月。キャリアは25年を超え、もうすぐ26年目に入る。彼の音楽を本格的に聴き始めたのは中学生の頃だから、オレ自身のファン歴も20年をとっくに超えた。
『僕は大人になった』
そんなタイトルの曲もある。まさにその通りだ。

LIVEに足を運んだ回数はざっと数えても30近い数字になる。幸せな時よりも、むしろ苦しい時に元春を歌う。辛い時に元春の曲が耳に流れる。そうやって元春に助けてもらいながら、この20年をなんとか乗り越えて来た様に思う。

2006『星の下 路の上』。
デビュー25周年記念と銘打たれたLIVEツアーに参加した。日本で最も盛り上がる会場だと思う、大阪フェスティバルホールでのLIVEだ。元春のLIVEに連れ立って行く友達の顔ぶれも、この20年の間に変わった。十代の頃一緒に観た仲間達の中には連絡の取れなくなった友達もいる。もう会うことの無い彼女は、『SOMEDAY』を「素敵な曲ね」と言って微笑んでいた。東京で再会した大学時代の友達は、あれから二人の子供の親父になった。17時から始まる今日のLIVEに待ち合わせた友達も、今や立派なお母さんだ。初めて一緒に元春を観た時はまだ後輩のOLだった。

佐野元春はこの25年間、ずっと歌い、曲を作り続けて来た。
時代は流れ、いろいろなものが変化して行った。元春自身もかつての、若かった頃の元春ではない。
しかし、ずっと変わらないものもある。そしてそれはこれからも、音楽という財産として多くの人々の心の中にずっと残っていくのだと思う。

すべての演奏が終わった後、客席に向けて語りかけた。

「ずっと僕なりに〝希望〟の曲を書いてきたつもりです。確かに今は30代、40代には厳しい時代かもしれない。でも僕はこれからも、〝希望〟の曲を書いて行きたい」

元春の言葉を借りるとするならば。
〝BEATは続く〟
センターマイクを客席に向けて、メンバー全員がステージから去った。3時間。会場の照明が再び灯った時、時計の針は20時を差していた。

今日の演奏を笑って振り返りながら、雨上がりの大阪の街を二人で歩いた。
LIVEの夜はいつもそんな風に過ぎて行く。心に何かをもらって帰って来る。そんな夜がもう25年も続いている。
この星の下、そして、この路の上で。
スポンサーサイト
Home | Category : 音楽 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2006/02/24(Fri)

VIVA!イナバウワー!

時刻は06:57だった。
ウチの居間も沸いた。お母ん、号泣。

04:30起きでTVの前にいたので金メダル決定の瞬間、時計がまだ7時前なのに気付いて驚いた。あれから14時間以上経ったが、torinoじゃ昨日の話でも、日本じゃまだ今朝の話だ。

もう今日は荒川静香DAYでいいよ。この金メダルで今日一日、どれだけの日本人が幸せな気持ちになったことか。VIVA!イナバウワー!VIVA!トゥーランドット!VIVA!クールビューティー!

〝いやぁ、近ちゃん。金メダルおめでとう〟
さっそく荒川静香と同じ顔の彼女にメールを送ると、
〝とっても綺麗でしたね。TONYさん以外にも会社の人にも似てるって言われます。私も頑張りまーす〟
と返って来た。

うむ。前向きで非常によろしい。
でもすごいな、金メダルって。日本中を喜びに溢れさせる事ができる。
Home | Category : SPORTS |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2006/02/22(Wed)

R11ヲ北上セリ

実家にTELを入れた。お母んがエラい声になっている。インフルエンザらしい。検査したらクロだったそうだ。
日曜日からダウンしていてそろそろ快方に向かっているらしいのだが、という事はウィルスの引越し直前じゃないか。
今朝の時点で親父が感染している確率が非常に高く、
「あんた、お父さんに近寄ったらあかんじぇ※」
※ 語尾が「じぇ」とか「じょ」になるのが阿波弁の主たる特徴である。この事実は徳島を出る事で初めて気付かされる。
と言われた。

昨日、カーリング女子の最期を見届けた後、フィギュアスケート女子ショートプログラムの開始までには約19時間あった。その間に大阪へ飛び、そのまま徳島まで戻って来た。ウィルス感染の話を聞いたのは梅田で徳島へ向かうバスに乗る直前である。えらいタイミングで帰って来てしまった。

そんな訳で、昨夜は自宅なのにLAWSON弁当で夕食を済ませた。今回の滞在は短い。その間、何とか難を逃れられる様にと23時には床に着いた。目覚ましのセット時刻は03:00である。起きたらなぜか04:40だったので焦ったのだが、居間のTVが付いていてtorinoだった。これはオレが付けたんだろうか。幸い安藤美姫の登場4人前だった。間に合った。

お母んとは8時からの民放の中継だったのだが、親子揃ってtorinoを観た。親父は安藤美姫の記者会見でのコメントが気に入らなかったらしく、メダルはいらない発言にかなり立腹らしい。ミキティいっぱいいっぱいなんだよ。それくらい解ってやれよ。(これでまた一喧嘩である)お母んは去年の五輪チケット争い辺りから女子フィギュアにずっぽりハマっていて、〝女王〟スルツカヤは磐石だそうだ。
オレ様としては日本代表の3人はもちろん、グルジアの16歳、Elene GEDEVANNISHVILI に頑張って欲しい。現在SP結果6位なので、ぜひともチェックして戴きたい。

香川、屋島のマクドナルドでこれを書いている。
〝レッツ オリンピック!〟動詞が無いが、ま、いいだろう。許す。
海沿いに北上するR11を車でのんびり走って来たのだが、香川には自力で来た事があまり無い。高校時代は毎週の様に試合で来てたのだが、この道を独りで走るのも初めてだと思う。懐かしい記憶が蘇って来た。友達と必死にチャリンコこいで、香川と徳島の県境にあるトンネル目指して走ったのは確か12歳の頃だったと思う。タイヤの空気が無くて帰りがえらいキツかった。車のメーターを見ると、トンネルまでは片道18kmあった。

今週は四国からお届けする。
近くにあった屋島神社をお参りして来た。東照大神こと徳川家康公をお祀りしてあった。門は閉まってたけど。

IMG1873_2.jpg
屋島神社の階段から町並みを臨む。ちょっとROCKYみたいな気持ちになる。
Home | Category : 旅日記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1
2006/02/21(Tue)

ラストストーン

本日の起床時間、03:45である。
24時過ぎに寝床に入った後、一発の目覚ましで目を覚ました。すべてはカーリング、日本-スイス戦観戦の為だ。

昨日16:55からLIVEで放送されたイタリアとの試合を観たが、序盤に先制された得点差を追う展開に息を飲んだ。負ければ予選突破の望みが断たれる。耐えて、追い着いて、最終第10エンドの攻防で逆転勝ち。スキップ小野寺歩の言葉を借りるならば、
「これがカーリングの醍醐味」
だそうである。

既にご存知だとは思うが今朝のスイス戦に破れ、日本の予選突破への夢は潰えた。
試合が終わったのが日本時間の6時前、8時前頃から日本チームの5人は各TV局のニュース、ワイドショーへの生出演ラッシュに追われた。メダルが依然奪取できていない中、世界の強豪にまったく引けを取らず、首の皮一枚残っている予選突破の望みを信じて善戦し続けた。観ているこちらも熱くなった。そんな日本代表『チーム青森』の活躍は〝よくやった!〟と言えるものだったと思う。オレみたいなにわかファンもかなり盛り上がる事ができた。本当にお疲れ様である。

torinoの特設スタジオから生中継の日テレのワイドショーの中で、コメンテイターを務めていた荻原次晴氏が小野寺にこんな質問を投げ掛けていた。
「これからどこに行けばあなた達に会えますか?」
一瞬、小野寺は戸惑った表情を見せた。荻原が続ける。
「どこでカーリングをやっているあなた達を見られますか?」
「日本選手権が3月にあります!青森で!ぜひ観に来て下さい!」

おそらく彼女達が想像している以上に、今日現在の日本はカーリング熱が急速に高まっている。オレ自身も実際その面白さに魅せられた一人であるし、機会があれば競技場で観るだけでなく、なんなら実際に氷の上でやってみたい。彼女らの活躍で一躍脚光を浴びたカーリングが一瞬のブームだけで終わってしまうのはもったいない。荻原氏はおそらく、自身が最も経験しているであろうマイナースポーツの苦労を心底理解されていて、今あるこの熱をオリンピック期間だけで終わらせたくないと思ったのではないか。次に繋げて行く為にこのチャンスを活かせ!と言いたかったのではないか。

ストーンは1個10万円だそうである。試合にはそれが16個必要になる。シューズは国内で生産されておらず、カナダ製だそうだ。ボーリング場みたいな感じで手軽にカーリングができる場所が増えないものだろうか。10エンド2時間半のゲームはちょっと長いので、1ゲーム6エンド、1時間半くらいで。用具はすべてレンタルさせてもらえて、テニスやフットサルみたいに気軽に楽しめるものにできないものだろうか。にわかファンとしては勝手にそんな希望を持った。

彼女達のオリンピックでの頑張りが素晴らしかったのは言うまでもないが、この五輪中継で実に解り易く解説された、というかレクチャーして戴いた長野五輪競技委員長、小林宏氏の功績も大きかったと思う。友達の一人が
「あんなもん、最後のダイジェストだけ観たらええやん」
と言っていたが、そうじゃない。

萌絵ちゃんがなぜ前にガードストーンを置くのか。マリリンがテイクアウトで相手を吹っ飛ばした後、自分のストーンをどうしたいのか。林は次に何をどうすべきなのか。そして最後に小野寺が、いかに得点を奪いに行けば良いのか。それぞれがただ投げているのではなく、行うべき作戦の確認、ラインの調整、ウェイトの調節、4人それぞれの意思とコンビネーションを繋げてエンドは進んで行く。小林氏にその辺りをにわかファンにも解り易く教えてもらったからカーリングの面白さに触れる事ができた。試合中の2時間半が早かったもんなぁ。小林氏には「ありがとうございました!」とお礼を言いたい。

※ 生島淳氏も小林氏の解説を絶賛しておられた。同感である。 
http://torino.yahoo.co.jp/voice/serial/ikushima/at00008008.html
 

さぁそしたら今度は、映画『シムソンズ』観に行こか。
Home | Category : SPORTS |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback1
2006/02/19(Sun)

「さぁ、マリリンの2投目です!」

いやぁ、今朝は興奮した!カーリングである。
スウェーデンのスキップ、Anette NORBERGが最後のストーンを投じた時、時計の針はもう06:00を回っていた。完全に朝だ。前日17:00からの日本-カナダ戦を観て勝利の瞬間に酔い、27:00からは世界チャンピオンチーム相手に一歩も引かない激闘となったスウェーデンとの試合をLIVEで観戦した。

よく考えてみると、冬季の競技のほとんどをTVでしか観た事がない。スポーツライターとしてはダメダメなのだが、ルールもあやふやな競技が多くて、団体パシュートなんて今回初めて知った。普段じっくり観る事の少ない冬季競技の中で今回、特に注目していたのがカーリングだった。ダイジェストにされるとおんなじ人ばっかが投げてる様でイマイチよくわからんので、一度LIVEでじっくり観たかったのである。ロシア戦、USA戦、ノルウェー戦、デンマーク戦と来て、正念場であるメダル候補との2試合にがっつり挑んだ。

ハマった。
なんて面白いんだ!カーリング!
LIVEで観た方が絶対いいぞ!カーリング!
まだあと予選3試合も残ってるぞ!カーリング!
ロングセンターガードだっ!コーナーガードだっ!ヒット&フリーズだっ!ダブルテイクアウトロールだっ!

長野五輪競技委員長小林宏さんの解説を聞いて、初めて〝お~!〟と理解できるのだが、リード、セカンド、サード、スキップと続くストーンの妙が実に面白い。状況は刻一刻と変わり、ストーンの曲がり方さえ常に変化する。相手との読み合いがあり、自分達の戦略に基づきながら4人でストーンを運ぶ。選手の会話がマイクで拾える臨場感も面白い。次の一手が放送席と選手間では微妙に違ったりもするのだが、一投一投にこちらも一喜一憂する。
こんな興奮するもんとは思わなんだ。

スウェーデン戦、第10エンド。スキップ小野寺歩の2投目。
「来たっ!」(刈屋)
「来いっ!」(小林)
「来たっ!」(刈屋)
「来いっ!」(小林)
よっしゃァーーーッ!!!

この2時間半は熱いぜ。
あと3試合、どうか全勝で決勝トーナメントに・・・(祈)。
Home | Category : SPORTS |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2006/02/14(Tue)

刈屋アナ、出陣

寝ても覚めても torino 2006 である。
外が寒いのを良い事にTVの前で座りっぱなし。陽が沈み始める頃から一日がスタートする感じである。深夜になると雰囲気を出す為にも暖房を入れず、毛布に包まって観戦している。時々叫び声を上げるが、隣近所の方々にはご勘弁戴きたい。幸いまだ苦情は来ていない。そうやって魂だけでもtorinoへ送り、我らが日本選手団を応援したいと思っている。

現地で生観戦した'04年のATHENSでよく解った事だが、海外の現場だと目の前の競技以外、他競技における日本人選手の結果が非常に解りづらい。今回はその心配は無い。ここTOKYOはITABASHIから、8時間の時差と戦いながらあれもこれもできるだけLIVEで押さえるつもりでいる。早くも一日のサイクルがおかしくなり始めている。一番盛り上がる時間が27:00って・・・。

自宅観戦のtorino 2006で、堪能したいものがもう一つある。ATHENS 2004、日本体操団体金メダルを実況されたNHK刈屋富士雄アナの実況である。
あの時の三時間が丸々DVDで発売されるのならぜひ購入したいと思うほど感動的な中継だった。スポーツが観ている者に何らかの感動を与えるとして、この人の実況はその感動を増幅させる。どんな名実況を聞かせてくれるのか?それを耳にする瞬間を心待ちにしている。

刈屋アナは今回、フィギュアスケートとカーリングを中心に実況されるとの事だったので、フィギュアペアのショートプログラムとフリーは押さえた。何かの記事で読んだが、今回刈屋アナは一冊のノートだけをtorinoの実況席に持ち込むそうだ。なるべくなら実況のいらない、観る者を惹きつける様な演技を期待したいと語っておられた。

淡々と曲の紹介、そして選手のコメントを紹介しながらフリーの中継は進む。井上怜奈/ジョン・ボールドウィン組の演技中、余りにも過酷だった井上のこれまでを紹介しながら、この大舞台に立った過程を、母親のコメントを柔らかく紹介する。アスリートが己の持つ全てを表現し尽くそうとしている姿と、その影にあるものとがオーバーラップする。

「トリノに立つ、この井上の演技こそ日本の宝物です!」
引き込まれた。
最後に大きなドラマもあった。この中継の様子は今夜のダイジェストか何かでぜひご覧戴きたい。

現在、これを書きながら日本-ロシアのカーリング予選を観戦中である(この試合の実況は刈屋アナじゃなかったが)。今夜は岡崎、大菅、吉井、渡辺登場のスピードスケート女子500mが行われる。終了時刻はおそらく28:00・・・。
あれ?その後フィギュアの男子ショートプログラム?

こういうのも仕事の内って事で・・・。
Home | Category : SPORTS |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2006/02/09(Thu)

二月の恋には気をつけろ

新年早々もらったメールにこんなのがあった。
〝こっちは一段と寒いよ~、●と初詣のはしご中?!です〟
はしごで回った神社の中の一つに飯田橋の東京大明神があったらしい。たまたま飯田橋に行く用事があったので、お参りして来ようと足を延ばした。天照大神を祭る有名な神社らしいが、なんでもここは神前結婚が初めて行われた場所だそうで、縁結びの神様としてもかなり有名なところらしい。

それを知らなかった。

平日の昼間だというのに独身女性(推定)が余りにも多い。そうじゃなければカップルだ。おまけに神社の中では結納の真っ最中である。さっき抜かして来た女子高生4人組の向かっていた先もここだった様で、
「あぁ~!結納やってるよぉ~♪幸せそうだねぇ~」
と盛り上がっている。しかし、この状況に独身のオトコマエが一人ぽつねんと佇んでいるのは余りにもせつない。おみくじを引きながら巫女さんと
「いやぁ、女の人多いですねぇ~。ここって縁結びの神様なんスか?」
などと世間話に興じた。

かなり落ちぶれた感のある独身貴族のオレではあるが、結婚願望が無い訳ではないのだ。状況が恋に現を抜かしていて良いものではない事を、自身が一番解っている。もうその辺は神様にお任せするしかない。
とりあえず、
〝もし縁があるのなら、どうかお願いします。真面目に生きますから〟
と、頭を下げて来た次第である。

あれは昨年秋の大阪での事だが、後輩二人とメシを食っている途中、こんな質問を受けた。
「TONYさんにとって恋って何ですか?」
あー彼女達にとっては仕事の悩みや将来の不安よりも、やっぱり恋愛の悩みの方が大きなウェイトを占めるんだろうなぁと思いながら、
「病気みたいなもんやな。かなりタチの悪い・・・」
と、あっさり片付けた。

恋愛モードに入ってしまうと、実はかなりしんどい。決して健康だとは言えない状態が続く。
おひつじ座A型の気質がそうさせるのだろうが、タコメーターの針が必要以上に上がり、踏まなくてもいいアクセルを踏んでしまう。思考の範囲がどうしてもそっちに偏りがちになってしまい、あーでもないこーでもないと悩む。だが悲しいかな、恋愛偏差値はあんまり高いとは言えない。テクニックよりも情熱を唯一の武器とするタイプである。スライドコントロールしながら森を駆け抜けるラリーの様な恋愛ならば、おそらくスタート直後に大クラッシュしてしまうだろう。直線をただ突っ走るだけのドラッグレースの方がまだマシだ。それでも足元はなぜか、いつもアイスバーンである。
しかしクラッシュするまでエンジンが回り続けるところがおひつじ座A型の凄いとこらしい。冷めると早いけど。

元来、想われるより想うパターンが多いのだが、これまでの経験の中で最もこのモードに入り易い時期がなぜか二月なのだ。この時期にアタックした結果がまた惨憺たるもので、オレにとってはもう完全に鬼門扱いである。
高二の電話でのアタック(土曜日に告白して月曜日に玉砕)に始まり、彼女の誕生日に極寒の公園で五時間待ちぼうけをくらわされた挙句吹っ飛ばされ、風邪と精神的ダメージからブッ倒れた事もあった。もう一つ言えば、二月生まれの女の子にまったく分が悪い。うお座の女の子に
「水の中泳いで逃げてっちゃうから」
と言われ、飛び込んだもののやっぱり泳げず、あえなく溺死した事もある。

バレンタインだぁ?
関係無いっつの。

寒いから人恋しくなるのか。それとも春の〝別れ〟を前に気持ちに火が入るのか。よく解らない。
解っているのは、『二月の恋には気をつけろ!』という経験則だけである。

先週末、かつかつTIGER&みわみわTIGER夫妻、その愛娘かのっぴの4人でメシを食った。このカップルとはもう10年以上の付き合いになるが、改めて馴れ初めを聞いてみるとよく思い出せないらしく、気が付いたらそうなっていたところが大きいらしい。
まぁ本当のところは知らんが・・・。
もし転勤や何かで遠距離恋愛にでもなっていたならおそらく続いてなかったと二人は笑うのだが、縁があるとはこういうことなのだろう。

恋愛も。人生も。
なる様にしかならんと思う。そりゃベストは尽くしたいけど。
未来が決まっているのかいないのかなんて知らないが、天照大神には温かく見守って戴きたいと強く願う。
Home | Category : 我、想う |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。