• プロフィール

    Hirofumi TAKATA

    Author:Hirofumi TAKATA
    スポーツライター。
    現在『週刊ベースボール』『Baseball Clinic』『熱中!野球部』『野球太郎』『ホームラン』等の各雑誌、スポーツ紙『デイリースポーツ』などにおいて、独立リーグ、高校野球を中心に取材、執筆活動を続けている。
    4月2日生まれ。A型。

  • FC2カウンター

  • FC2オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:
  • COUNTER & RANKING

    FC2 Blog Ranking

    バナーをクリックお願いします。

    あと、拍手もよろしく。

  • カレンダー(月別)

    10 ≪│2017/11│≫ 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • 検索フォーム

  • 天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • フリーエリア

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/03/15(Thu)

新blog、3つ

寒い。
〝今年は冬が短くて良かったぁ〟などとほくそえんでいたら、暦は春だってのにまた冬のような天気に逆戻りしてしまった。おまけに今日はあいにくの雨である。ようやく終わった確定申告の後片付け、資料整理などをしながら事務所で過ごしている。

さて、お気づきの方もいるかとは思うが、突然リンクを増やした。
判る人には判ると思う。いずれも私とこれまで密接に関わってこられた方々が運営中のblogだ。

『MA2DA GOROKU<デザイナーマツダ魂の叫び!>』
『魂』Tシャツでおなじみ、デザイナーMA2DA氏のオフィシャルblogである。
昨年も通販でちょこっと購入させてもらった。『野球魂』はもちろん、F1鈴鹿ファイナルだった昨年は、『日本GPメモリアル』として限定発売された4枚の中から『音速の貴公子』(イエロー)、『最強の皇帝』(レッド)、『荒法師』(ネイビー)の3枚を手に入れた(ちなみにもう1枚は『プロフェッサー』(レッド)だった)。先日も『音速の貴公子』を見た徳島ISのナガイ君から、
「そのTシャツ、何ですか?」
と突っ込まれた。blogだけじゃなくて、一度通販サイトにも飛んでアイテムを見て欲しい。

BEAT魂SHOP
http://www.rakuten.co.jp/yakyu-da/

『HEARTEX TIMES』
青山で働く社長のblogである。
昨年の今頃、東京で一緒に食事した際、
「オレもblogでも書こかなぁ・・・」
と言っておられたのだが、この春から執筆が始まった。個人的に最も注目しているblogだ。

HEARTEX official Web
http://www.heartex.co.jp/

『Real Escape』
昨年春に会社を辞め、世界に向けて旅立って行ったサムライバックパッカーは『Great Eacape』と名付けられたblogで旅の様子を綴った。アフリカでヒントを見つけ帰国した彼は、日本で会社を興し、今再びアフリカの空の下にいる。

年に数回しか会うことはなくなった。しかし、戦い続けている彼らの日々を読むことは、少なからず自分にとっても刺激となるものだ。彼らに負けないためにもリンク依頼をお願いしておいた。時間のある時にジャンプしてみて欲しい。こちらも来るべき球春に向けて今エンジンを温めているところだ。

実は『TONY the 12th』にこれらの新リンクは貼られていない。
これは『五人抜きジャンピングスロー』のリンク情報である。

2003年4月2日からスタートしたWebサイト『TONY the 12th』は、2007年4月1日をもって更新終了することに決めた。以降は、現在運営中のblog『五人抜きジャンピングスロー』からすべて情報発信して行きたいと考えている。なお、同時にBBSも運営終了予定だ。以上をここに報告しておく。これまでのお礼はまた改めて。

春はお別れの季節ですから。


b_02
↑Push please.

※当blogの文章、写真の無断転用はすべて禁止します。
スポンサーサイト
Home | Category : 友達 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2006/01/15(Sun)

一年前

この話をアップしようとしたのは一年前の今日、1月15日である。
話の主人公の彼女に掲載の是非を確認した際、
〝今はまだ悲しすぎるので・・・〟
という理由で、公開するのを少し待って欲しいと言われた。

あれから一年経った。

まさか一年の内に後輩を二人も失う事になるとは夢にも思わなかった。
彼の事を思い出す意味でも、改めてここに載せたいと思う。



『いつか』

彼女が香港へ遊びに行ったのは11月の終わりのことだった。
豪華なホテルのスィートルームに泊まり、買い物や食事を思い切り楽しんだ。香港には会社の先輩が赴任していて、以前から
「オレがこっちにいる間に遊びに来い」
と誘われていた。
約束を果たし香港にやって来た彼女に、彼は食事をごちそうしてくれた。

二人の共通の先輩にあたる女性がいる。
既に退職していて会社にはいないのだが、一昨年に結婚してもうすぐ出産を控えている。
その先輩の話題になった。

「わたし絶対男の子やと思います」
「いや、絶対に女の子やって!賭けてもええ」
「なんでですか?」
「勘や。でも、絶対女の子に間違いない」

〝女の子が産まれる〟と言って、彼は譲らなかった。
仕事柄、国際電話で彼と先輩が言葉を交わすことはよくあったのだが、彼女が退社してからは直接顔を会わすことも、連絡を取ることももう無くなっていた。彼がなぜそれほどまで自信たっぷりに断言するのか、彼女にはまったく解らなかった。
その夜、赤ちゃんが産まれたら、はずれた方が日本で食事を奢ることを約束した。

彼が倒れたのは12月の初旬、出張で訪れていた東京でのことだった。くも膜下出血だった。
すぐに病院に担ぎ込まれ、手術が行われた。
手術は無事、成功した。
まだ31歳と若い彼には体力もあり、回復も早かった。年が明けてからは、見舞いに来た友人達と冗談が言えるまでになった。

新しい年が動き始めた仕事始めの日の朝、彼は突然息を引き取った。
急性心不全らしいが、詳しい事はよく解らなかった。最悪の状況に陥る様な兆候など全く無かったのだ。あまりにも突然の出来事で、彼の妻も、子も、両親も、そばにはおらず、誰も最期を看取ることはできなかった。
第一報はすぐに仲間達の間を駆け抜け、誰もが耳を疑った。

訃報を職場で聞いた彼女も愕然とした。もう仕事どころではなくなった。
情報が無い。詳細を尋ねても納得できる様な答えを持っている人間がいない。重苦しい空気だけが漂っていた。
思い出すのは香港で見た彼の笑顔だった。まだあれはほんの一ヶ月前のことだ。あの時、香港で彼と一緒に写真を撮らなかったことが悔やまれて仕方なかった。伝えたいことが胸の中には山ほどあるのに、もう伝えられなくなってしまったと思うと涙が止まらなくなった。

彼の実家がある西宮で、葬儀はしめやかに行われた。大勢の人々が若すぎる彼の死を悼み、涙した。澄んだ青い空に白い雲が浮かぶ、よく晴れた冬の日に彼は旅立って行った。

葬儀から一週間が過ぎようとする頃、彼女の携帯に一通のメールが届いた。先輩からだった。
〝今日、無事出産しました〟
生まれた赤ちゃんは、元気な女の子だったそうだ。彼との約束を思い出した。

〝なんでわかってたんやろ?〟
いつか彼と再会できた時、教えて欲しいと思うことが彼女の中にもう一つ増えた。
Home | Category : 友達 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。